« シカゴ筋ポジションの確認(4/29時点) | Main | なぜ米長期金利は上がらないのか »

May 07, 2014

元に戻った取引量

今日マネックスが月次を公表しているので、アベノミクスがスタートした2012年12月以降の株式約定代金と株価を確認してみます。

直近4月の株式約定代金は、16ヶ月振りに1兆円を下回って9893億円。

昨年4月と比べると3分の1になり、振り出しの2012年12月の9752億円と同レベルに戻りました。

Photo_2


株価の方は実績PER約10倍。

2012年12月の220円台が330円台と5割アップは高止まりの感もありますが、この間にEPS30円以上は稼いでいるので、その分の純資産評価と、まだ僅かに残る期待分が乗っていると考えれば、どうにか正当化できる範囲なのかもしれません。

いずれにせよ個人の「やる気度」は、元の木阿弥ということが読み取れます。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(4/29時点) | Main | なぜ米長期金利は上がらないのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(4/29時点) | Main | なぜ米長期金利は上がらないのか »