« 各国製造業の生産コスト比較 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/24)時点 »

June 28, 2014

J-REIT指数の確認(6/27時点)

Gcexe
今週は、1617→1587とマイナス2%。
流石に一休みです。

そもそも先週金曜日の買われ方が1日で+2%と異常だったので、その前日(先週木曜日)の水準に戻る是正機能が働きました。

Photo一方、J-REITの鏡とも言える長期金利市場。
黒田体制発足時のドタバタを除けば、最近では最低の0.56%まで低下。

6月18日に日銀が発表した2014年1~3月期の資金循環統計によれば、この間に増加した国債残高は13兆6948億円ですが、その内13兆2609億円を日銀が取得。
増加分の97%を日銀が引き受けた格好です。

貿易赤字と消費増税で物価上昇のトレンドが次第に固まってくる状況の中、金利上昇を抑え込む日銀。

世界的な低金利傾向も追い風となり、その豪腕振りが表だって問題視されることもなく、結果的に堅調なJ-REIT市場を支え続けている構造です。

|

« 各国製造業の生産コスト比較 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/24)時点 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 各国製造業の生産コスト比較 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/24)時点 »