« June 2014 | Main | August 2014 »

July 31, 2014

ビットコインの財布を作った

ビットコイン口座を作ってみた」の続きです。

さて、無事にビットコイン口座を開設したので、10万円を入金して、ひとまず0.5ビットコインを買い付けました。
口座の内訳は、33000円相当の0.5BTCと残りの日本円になりました。
手数料として約180円(0.5%)が差し引かれています。

このままではコインを持ち歩けないので、大手ウォレットサイト「Blockchain」で自分の財布を作ることにします。

必要なのは、メールアドレスとパスワード。
途中、認証のためにショートメールでコードが送られてくるので、それを入力する必要があります。

Continue reading "ビットコインの財布を作った"

| | Comments (0)

July 30, 2014

通信REITは誕生するのか

Win昨日のNY市場で、ATTやベライゾンが上昇したのは、通信会社のウィンドストリーム(WIN)がネットワーク設備等をリートにスピンオフするとのニュースが原因です。

大胆というか、盲点というか。
英文記事を見ていると、評価するアナリスト達にも戸惑いが見られます。

リートへの譲渡を考えているのは、光ファイバーや銅線ネットワークなどで、固定されているから「不動産」、ということのようです。

Continue reading "通信REITは誕生するのか"

| | Comments (0)

July 27, 2014

シカゴ筋ポジションの確認(7/22時点)

       (7月22日) (7月15日) (増減)
カナダドル  20581    15621   +4960
スイスフラン ▲7380   ▲6262  ▲1118 
ポンド     27497    38770  ▲11273
円      ▲53916   ▲62948 +9032
ユーロ    ▲88823  ▲62846 ▲25977
NZドル    15132   15453   ▲321
豪ドル    38793    39743  ▲950

増減欄に▲が多いのは、ドル回帰の兆候。

Dxy1
特に最近はユーロ安の傾向が強まっているため、ドルインデックスは6ヶ月振りの高値圏にあります。

ユーロドルでのドル買いにも影響されたのか、ドル円は強含みで、102円直前まで上昇しました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/22時点)"

| | Comments (0)

July 26, 2014

伊藤忠がタイCPグループと提携

伊藤忠が、タイの有力財閥であるCP(チャロン・ポカパン)グループ(CPG)と提携し、株式の持ち合いを決定しました。
リリース資料説明会資料

発表直後25日の株価は、+2.5%と市場は好意的に評価したようですが、伊藤忠はどういった算段をしているのか、ざっと眺めてみたいと思います。

伊藤忠サイドから見て売るのは、新規発行の自社株78百万株。
単価は1313円で、7/24日終値1315円と、ほぼ同じですから、特段のディスカウント無し。
78M株は、発行前総株数の4.9%に相当し、その分の希薄化が懸念されますが、同時に78M株の自社株買い実施を発表していますので、基本チャラ。

なお、4.9%の内0.9%は政策投資銀行とCPGが折半出資するファンドに割り当てられるため、株主名簿上のCPGの持分は発行後で3.8%に留まり、第3位株主となります。

Continue reading "伊藤忠がタイCPグループと提携"

| | Comments (0)

July 25, 2014

J-REIT指数の確認(7/25時点)

Reit0725
先週1600を回復したJ-REIT指数。

今週は4日間取引ながら1600を固める動きとなり、1607で終了。
相場全体の地合いが引き続き良いこともあり、高値圏ながらも、しぶとく推移しています。

振り返って見ると、私がこのシリーズの第一回を書いたのは2012年2月のことで、その頃は指数800台ですから、概ね2倍になった訳です。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/25時点)"

| | Comments (0)

July 24, 2014

新型「デミオ」は起爆剤になるか

2014071720102146carview0003view7年振りのモデルチェンジとなる4代目デミオが、マツダ防府工場で先週から生産開始。

時代のニーズは、コンパクト&ハイクオリティ、そしてエコ。

デミオにはガソリン車もありますが、何と言っても注目は「CX-5」で好評だった2.2Lをコンパクトにした1.5Lディーゼルエンジン。

Continue reading "新型「デミオ」は起爆剤になるか"

| | Comments (0)

July 23, 2014

ビットコイン口座を作ってみた

ビットコインは、実際にどうやって使うのか、日本ではどこで使えるのか。

実は良く知りませんが、まずは口座を作らないと始まらないので、「bitflyer」で新規に口座を開設しました。

bitflyer社の加納社長は、先日の記事「ビットコインの現状」でも触れた「日本価値記録事業者協会」設立関係者の一人でもあり、一定の信頼性はあると判断しました。

まずは、1bitcoin(約6万円)だけ購入(両替?)してみようかと思います。

Continue reading "ビットコイン口座を作ってみた"

| | Comments (0)

July 22, 2014

米国会社四季報2014年版

51nhbqzbyyl_sl500_aa300_

先週14日に、「米国会社四季報 2014年版」が出版されました。


何しろ初回だけに、つまらない間違いもあるようですが、とにもかくにもこうした書籍が出て来ることは歓迎されます。

購入するかどうかは検討中です。


Continue reading "米国会社四季報2014年版"

| | Comments (0)

July 21, 2014

シカゴ筋ポジションの確認(7/15時点)

        (7月15日)  (7月8日) (増減)
カナダドル   15621    10295  +5326
スイスフラン  ▲6262   ▲6813  +551
ポンド      38770    41639  ▲2869
円        ▲62948  ▲66375 +3427
ユーロ     ▲62846   ▲59265 ▲3581
NZドル     15453    14416  +1037
豪ドル      39743    36603  +3140

全ての通貨において小動き。
投資家が予想するボラティリティも、低下している心理が窺えます。

凪に飽きた投資家達は、少し動くと色めき立ちますが、大相場への期待は毎回裏切られる展開が続いています。

マレーシア航空機墜落で、1日で32%も上がったVIX指数は、翌日17%下がりました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/15時点)"

| | Comments (0)

July 18, 2014

J-REIT指数の確認(7/18時点)

航空機史上最大のミステリーと言われる「失踪」に続き、今度は「撃墜」。
マレーシア航空の連続悲劇は、偶然と片付けるには余りに衝撃的であり、どこかに深刻な経営不振の影響が出ているのでしょうか。

更には予想されていたことではあるものの、イスラエル軍地上部隊がガザ地区に侵攻。
終わりの無い中東紛争、またも復讐の連鎖をエスカレートさせています。

Gcexe二つのニュースを受けて17日のNY市場ではリスクオフ心理が高まり、金利もリートも両方下げる反応でしたが、東京では長期金利もリートも若干の上昇。

今週のJ-REIT指数は、1584→1607と1.5%上昇し、1600台を回復しました。
素直に強いという印象ですが、追いかける気はしないので、今週は少しポジションを軽くしました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/18時点)"

| | Comments (0)

July 17, 2014

長期的に見れば為替リスクは無視できる

Ppp_5国際通貨研究所が作成した左図が示すように、二国間の為替が長期的に購買力平価に収斂することは良く知られています。

物価の上がる国の通貨は、実質の購買力が下がっていくことになるので、交換価値は下がります。

1$=360円から始まったドル円の変動相場は、日本の方が米国よりも物価が安定しているため、同じものを買うために多くのドルが必要になっていく、即ち円の交換価値が上がっていった歴史とも言えます。

Continue reading "長期的に見れば為替リスクは無視できる"

| | Comments (0)

July 13, 2014

書評「LIVE講義 北朝鮮入門」

今日(13日)も北朝鮮は日本海へ向けてミサイルを発射しました。

2011~2013年にかけて、北朝鮮、中国、韓国の指導者が相次いで交代し、朝鮮半島を巡る政治的な情勢は変化。
現在は、激動の一歩手前にいるという可能性を考えておく必要があろうかと思われます。

北朝鮮に関するテキストを探した結果、「LIVE講義 北朝鮮入門」を、KINDLEで買いました。

本書は2010年発行のため、金正日死後の最新情勢に対応していないのが残念ですが、基礎知識としては十分に良く纏まっています。

Continue reading "書評「LIVE講義 北朝鮮入門」"

| | Comments (0)

July 12, 2014

シカゴ筋ポジションの確認(7/8時点)

        (7月8日)  (7月1日) (増減)
カナダドル  10295    2695   +7600
スイスフラン ▲6813   ▲7260  +447
ポンド     41639    56412  ▲14773
円       ▲66375  ▲58686 ▲7689
ユーロ     ▲59265  ▲60776 +1511
NZドル    14416     8985  +5431
豪ドル     36603    38879 ▲2276

動きの少ない為替相場。

利上げ観測が強く、現時点では最強と言われるポンドも、流石にドルの1.7倍にもなってロングポジションが減少。
ポルトガルの大手銀行バンコ・エスピリト・サントの経営不安説も、今のところ伝染力は限定的です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/8時点)"

| | Comments (0)

July 11, 2014

J-REIT指数の確認(7/11時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は1588→1582と、1600手前での揉み合い。
先月下旬の1600突破が急ぎ過ぎであったので、移動平均線が追いついてくるのを待っている状態とも言えそうです。

昨日の三鬼商事のレポートによると、都心五区のオフィス空室率は6.45%。
前月末比0.07ポイント低下して12カ月連続の改善となり、2009年3月(6.05%)以来5年3カ月ぶりの低水準。
平均賃料は坪あたり1万6607円と、前月末より0.64%(106円)上げて、上昇は6カ月連続。

外人投資家的には、もう底堅いということは十分に分かったので、いつからオフィスリートの分配金が本格的に上昇する見通しなのか教えてくれ、という感じでしょう。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/11時点)"

| | Comments (0)

July 09, 2014

ビットコインの現状

有力な取引所であったMT.Goxが破綻し、一時はシステム全体への不信感の高まりも懸念されたビットコイン。

Bitocoinchart価格の推移を見ると、Mt,Goxが死んだ2月に500$、中国で口座取引が禁止された5月には400$の安値を付けましたが、そこからは徐々に持ち直して600$前後。

どうやら落ち着いてきたようにも見ます。

Continue reading "ビットコインの現状"

| | Comments (0)

July 08, 2014

NISAの現状と課題

私は結局、楽天証券で口座を作りましたが、今のところ使っていません。

NISA口座で買おうとするような安い局面が無かったことが最大の理由です。

金融庁が公表しているNISAの状況によると、3月末時点で口座数が約650万、総投資額は1兆34億円。
単純平均で、1口座あたり154千円。

実際の稼働率は3割程度(産経新聞)と言われているので、それを加味すると、1口座あたり50万円程度になるでしょうか。

Continue reading "NISAの現状と課題"

| | Comments (0)

July 06, 2014

シカゴ筋ポジションの確認(7/1)時点

        (7月1日) (6月24日) (増減)
カナダドル   2695    ▲5320  +8015
スイスフラン ▲7260   ▲5372  ▲1888
ポンド     56412    49751  +6661
円      ▲58686   ▲71223 +12537
ユーロ    ▲60776   ▲57503 ▲3273
NZドル    8985     6152   +2833
豪ドル     38879    33463  +5416

全般的にドル売り優勢ですが、この後で好調な雇用指標を受けてドル買いになっているので、依然として明確なトレンドは見えません。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/1)時点"

| | Comments (0)

July 05, 2014

J-REIT指数の確認(7/4時点)

Gcexe今週のJ-REIT指数は、1587→1588と横ばい。

流石にここからの上値追いは難しいということでしょうが、出遅れやB級銘柄のキャッチアップを目指した買いは入っている印象で、大きな下押しはありませんでした。

今週は路線価(相続税課税評価額)が発表されました。

・北海道
平均でマイナス0.6%。
全体が下落する中で二極化が進みます。

北海道の人口は97年(H9年)の570万人がピークで、今は約5%減の544万人。
この間、札幌への集中度合いは、31.4%から35.5%にまで高まり、今や道民の3人に1人以上が札幌市民です。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/4時点)"

| | Comments (0)

July 04, 2014

米6月雇用統計の纏め

雇用者増加数は28.8万人。
珍しく事前のADP民間雇用数(28.1万人)が当たりました。

恒例の過去修正ですが、4月が28.8→30.4万人、5月が21.7→22.4万人。

1406
左のグラフの折れ線は5ヶ月移動平均にしてあるのですが、それでも力強く上にブレイクしています。

Continue reading "米6月雇用統計の纏め"

| | Comments (0)

July 01, 2014

コモディティ相場の確認

株式・債券に比べて比較的静かだった商品相場に熱が戻っており、NYでの金先物価格は3ヶ月振りの高値です。

Photo直近3ヶ月の金、銀、原油、穀物(DBA)のチャートです。

穀物(赤色)は、緊迫するウクライナ情勢を材料に、4月末に当面の高値を付けましたが、5月の大統領選を通過して、引き潮となりました。

しかしながら、ウクライナのポロシェンコ大統領が、停戦を本日7月1日で終了すると表明しており、再び親ロシア派との激しい戦闘が懸念されています。

Continue reading "コモディティ相場の確認"

| | Comments (0)

« June 2014 | Main | August 2014 »