« J-REIT指数の確認(8/1時点) | Main | スプリントがTモバイル買収を断念 »

August 02, 2014

シカゴ筋ポジションの確認(7/29時点)

      (7月29日) (7月22日)(増減)
カナダドル  22691    20581  +2110
スイスフラン ▲11764 ▲7380  ▲4384
ポンド    24910    27497  ▲2587
円     ▲73069   ▲53916 ▲19153
ユーロ   ▲108075 ▲88823  ▲19252
NZドル  15289    15132   +157
豪ドル   39606   38793    +813

円とユーロのショート増加が目立ちます。
7月以降、特にユーロに対するドル高傾向が強まり、ユーロ/ドルは1.37→1.34。

Correlation_eurusd
金利差と連動しなくなったユーロドルについては、欧州債務危機によって減らしすぎたユーロ資産をニュートラルに戻すための買いは金利差と関係ない、等と説明されて来ました。

どうやらそれも、ほぼ終了との観測に加えて、ロシアへの経済制裁によって、より大きなダメージを受けるのは、米より欧。
という見方も、ユーロや欧州株に弱気に働いているようです。

Photoドイツの株価は、1ヶ月でマイナス8%。
イギリスと比べても急落振りが際立っており、DOWの下げなど可愛いものです。

ECBとFRBの方向性が真逆のため、更にユーロが下がるという見方も有力ですが、その場合、欧州株はより売られるのか、それともユーロ安で収益改善の見方で反発するのか、どちらでしょうか。

ドル円に関しては、米GDP4%を材料に102円の壁は突破しましたが、7月雇用統計が「やや弱」だったので、一服状態。

米インフレ率も安定し、米国長期金利が2.5%程度で停滞している以上、ドル円も再び低ボラ状態になる可能性が強まっています。

相場としては面白くないかもしれませんが、コスト高による供給制約が強まっている今の日本は、無条件に円安歓迎できる状況ではありません。

|

« J-REIT指数の確認(8/1時点) | Main | スプリントがTモバイル買収を断念 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(8/1時点) | Main | スプリントがTモバイル買収を断念 »