« オロロンライン~稚内 | Main | J-REIT指数の確認(8/22時点) »

August 24, 2014

利尻へ

稚内到着翌日、フェリーで利尻島へ向かいました。

7時までのフェリーに乗れば、1日で利尻・礼文両島を巡ることが出来ますが、早起きに自信がなかったので、利尻のみ。
ホテルの朝食が5時スタートになっているのを、初めて見ました。

利尻と礼文は近くにあるので、植生や風景に大きな違いはないように思われますが、利尻は利尻山(利尻富士)の噴火で出来た溶岩の島。
礼文は海底隆起で出来た比較的フラットな島。

利尻が森林なら礼文は草原、登山VSトレッキング、雄雄しいVSフェミニンといった違いがあります。

なお、利尻は島を一周できますが、礼文は主に東側にしか道路が無いため、観光は行った道を戻るルートになります。

東京感覚で、どうせなら良い席ということで、フェリーの1等にしたところ、乗客は私だけ。
1時間40分、下記写真のような100席あまりの「ラウンジ」を独占する貸切旅行となりました。

20140818_114108利尻のフェリーターミナルは、今年改装工事が終了し、ガラス面が強調されたモダンなデザインとなっていました。

20140818_125432

20140818_142510_2

まずは腹ごしらえ。
うに丼は3000円でした。

20140818_130501

ウニが美味なのは勿論ですが、味噌汁の中のワカメの歯ごたえと味わい深さに驚き。
こんなワカメだったら、子供でも大好きになるに違いありません。

予約した観光バスのルートに含まれていない姫沼をさくっと見ておこうと、タクシーと交渉。

ガソリンがリッター200円以上、タクシー自体が希少な土地柄で、時間当たり6000円~の交渉でしたが、向こうも空き時間だったので、45分3000円の「格安」料金で妥結。

姫沼は、姫ますから名づけられた、1週800m程度のこぢんまりした沼。
鴨がのんびり泳ぐ静かな水辺です。
20140818_135241

20140818_134729

フェリーターミナルに戻り、宗谷バスの定期観光バスに乗り込みます。
約2時間半で主なスポットを巡りますが、小さな島に特段変わったものがあるわけでもなく、様々な角度から利尻富士を眺めたり、のんびり岬めぐりをするツアーになります。

最近では吉永小百合主演の「北のカナリアたち」のロケ地紹介も目玉となっています。

利尻富士は百名山の一つですので、登山客もちらほら。
白い恋人のパッケージにも使用されています。

この日の午前中、フェリー船上から見た利尻富士は雲に覆われていましたが、午後には概ね全貌を見せてくれました。

20140818_152934_3

20140818_153321_2

島自体に何か特別の魅力があるというよりも、とうとう日本の北端の離島までやって来た、という充足感が大きいのではないかと個人的には思います。

|

« オロロンライン~稚内 | Main | J-REIT指数の確認(8/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オロロンライン~稚内 | Main | J-REIT指数の確認(8/22時点) »