« なぜそんなに円安を急ぐのか | Main | J-REIT指数の確認(9/12時点) »

September 11, 2014

ソフトバンク(SB)が高い

Softbank衝動的に、昨日からSBに参戦しました。

改めてチャートを確認すると、なんて無駄に上下動が多いんだ、という印象です。

今回の材料は無論、アリババのIPO。

果たして、どのくらいが既に織り込まれているのか読みにくいのですが、仮条件上限で決まり、初値が公募以上で付く期待を好感するくらいの余地は持ち合わせているように感じられます。

アリババの仮条件は60から66ドルで、ロードショーは好評と伝えられています。

2014年3月期の実績EPSは$1.50なので、PERは40~44倍。
フェイスブックが100倍とか、赤字のIT系銘柄に比べれば良心的ということになるでしょうか。

上場時時価総額は、15兆5000億円~17兆3000億円。
SBの含み益は、4兆5000億円~5兆円程度。

今回、SBは1株も売りませんが、「みなし売却益」は4000~5000億円。

継続的に取り込まれる持分損益は、直近2014/3期が年間で約700億円だったようですが、今期は第1四半期だけで同じ700億円。(4倍は増えすぎ感がありますが、一応根拠にあたっています)

こうした積み上げにより、かなりSBの決算数字と財務状況を好転させるのではないかと思いますが、大前提はアリババのIPO成功なので、シナリオが崩れたら即時撤退となります。

|

« なぜそんなに円安を急ぐのか | Main | J-REIT指数の確認(9/12時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« なぜそんなに円安を急ぐのか | Main | J-REIT指数の確認(9/12時点) »