« DOWの確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/30時点) »

October 03, 2014

J-REIT指数の確認(10/3時点)

Reit1003今週のJ-REIT指数は、上期末のお化粧買いもあって、9/30には1670までありましたが、直後に株式市場全体の調整で下げ。

結局、週間では1646→1639と若干下落でしたが、基調としてはまだ右肩上がり気分であると言えそうです。

バロンズの「日本経済の混乱を避けるには―円安効果は息切れ、不動産関連が有望か」という記事では、三菱地所、三井不動産、住友不動産、積水ハウス、大和ハウス工業を推奨する香港の株式ストラテジストの意見を紹介しています。

要するに、「日本が成長するかどうかなんて分からんが、インフレにはなるんじゃねえの」ということを言いたいようです。
上記の銘柄で儲かるかどうかはともかく、その着眼点自体は正しい気もします。

同じ記事の中に、「東京の賃貸住宅の家賃は2012年12月に底打ちして以来、既に約17%上昇している」とも書いてありますが、これは何のことやら、ソース不明です。

Photo左図は、野村アセットマネジメントが作成している世界主要国のリート指数。

最近の金利上昇懸念を反映して、どの国も9月以降は大きく調整しているのに、日本だけは、どこ吹く風。

この国だけは特別な何かがあるのか。
単に脳天気なだけか。

J-REIT市場が間違っているだけなら大したことにはならないでしょうが、金利(国債)市場が正しいサインを出していないとするなら、大変な問題でしょうね。

|

« DOWの確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/30時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« DOWの確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/30時点) »