« ブラジル大統領選挙が迫る | Main | J-REIT指数の確認(10/3時点) »

October 03, 2014

DOWの確認

Dow1002チャートは、DOWの日足(1年)です。
第4Qスタートの2日間で、DOWは242$下げました。

200日MA(緑)近辺に向けての調整は、昨年10月、今年2月、4月(小さめ)、8月、そして10月。
概ね3ヶ月に1回は起こっていますが、やはり17000$という高値圏を維持するのは簡単ではなく、心理悪化の頻度は高くなっているように思われます。

前回の調整は、7/17の17151$から8/7の16333$まで、営業日で15日間、下落幅は4.8%でした。

今回は、9/19の17350$を起点とすると、今のところ9日間で3.2%程度の下げ。

200日線は16500$の少し上にあるので、そこまでで止まるなら、これまでも生じた調整の範囲です。

その場合のドル円は、107円半ばくらいまでかな、という感じです。

このリスクオフの動きで、アメリカ長期金利は節目の2.5%をキープ出来ず、また2.4%台まで下がってしまいました。

Photo米長期金利の今年最低は、2.33%。

アメリカ側の経済事情からすれば、それを下回るほどの悪い材料は今のところ無いように思いますが、左のチャートのようにドイツ国債(10年)が最低金利を更新しそうな勢いなので、欧州から見ると、「高金利」で為替も上がりそうな米国債を更に買いに行く可能性はありそうです。

何しろドイツ国債は、3年ものまでマイナス金利。
それが当たり前のようになってしまっているのも、どうかと思いますが。

|

« ブラジル大統領選挙が迫る | Main | J-REIT指数の確認(10/3時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ブラジル大統領選挙が迫る | Main | J-REIT指数の確認(10/3時点) »