« NYDOWは一時460$安 | Main | J-REIT指数の確認(10/17時点) »

October 17, 2014

ひとまず下げ止まりの気配

16日のNY市場は、DOWが▲25$だったものの、NASDAQとS&P500は小幅ながらプラス引け。
原油相場も僅かながら上昇で、極端なリスクオフ心理に一旦ブレーキがかかったように見えます。

長期金利は2.15%と、依然歴史的な低金利ゾーンですが、前日よりは上昇しました。
ドル円は105円台の時間が短くなり、ひとまず106円がストッパーとなっています。

今日は珍しく「富士フイルム」が売られて始まり、前場引けで5%以上の下げ。
市場心理の上では、エボラリスクの緩和を意味していると思われます。(現実のリスクは分かりません)

世界保健機関(WHO)は17日にもセネガルで、順調ならナイジェリアも20日にエボラ出血熱の感染拡大終了を宣言する、と日経が報道しています。

Alison_lundergan_grimes_2011_2
アフリカに出来てアメリカに出来ないとなると、ただでさえ低空飛行のオバマ政権は墜落。

中間選挙の活動を中断してまで、エボラ対策に追われています。

ケンタッキー州の民主党上院議員候補のグライムス氏(写真:35歳弁護士)は、前回の大統領選挙でオバマに投票したのかどうかを何度聞かれても答えない、という子供じみた対応に終始。

嫌オバマ現象は、ちょっと異常な事態になっています。

ここが買い場と判断して良いのかどうか、それは誰にも分かりません。
リスクを取れる体力がどれだけあるかによっても、選択肢は違います。

Jnk左は、ヘッジファンドが「鉱山のカナリヤ」としていると言われるジャンクボンド(JNK)の5年チャート。

2011年クラスの嵐が来るなら、まだまだ底は深いですが、そこまで酷くはないと判断するなら、反転の可能性もあるといった位置にいます。

国境なき医師団」に寄付すると、エボラリスクが早期に収束し、株価が上がるかもしれません。

|

« NYDOWは一時460$安 | Main | J-REIT指数の確認(10/17時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« NYDOWは一時460$安 | Main | J-REIT指数の確認(10/17時点) »