« ソフトバンクが出資する「スナップディール」とは | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/28時点) »

November 01, 2014

J-REIT指数の確認(10/31時点)

Reit1028今週のJ-REIT指数は、1629→1717と、5.4%の上昇。
昨日だけで+3.6%です。

外部環境が落ち着いて持ち直していたところに日銀ノイズ(?)が飛び込んできて、時価総額の大きいオフィス銘柄を中心に、とりあえずの飛び付き買いとなりました。

二大重厚銘柄、NBFとJREが7%超の上昇。
1日で配当3年分なら、迷わず売りたいところです。

完全な官製相場ですし、実質1時間取引で出来た数字に大した意味があるとは思いませんが、昨年4月の高値を僅かに越えています。

この衝動買いが正しかったのかどうか、来週落ち着いたところでの見極めが必要です。

昨日の長期金利は0.48→0.46%と僅かな動きであり、この暴騰を合理的に説明することは困難です。

ちなみに昨年4月のバズーカ砲第一弾の時は、発射された翌日の4/5が当面の高値。

国債市場は混乱に陥り、そこから逆に長期金利が上がりだしたことで、J-REIT指数は2ヶ月で30%近くの調整を強いられています。

日銀が買えば際限なく金利は下がると信じるなら、今からでもJ-REITを買えば良いでしょう。

|

« ソフトバンクが出資する「スナップディール」とは | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/28時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ソフトバンクが出資する「スナップディール」とは | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/28時点) »