« 円高・デフレが日本を救う | Main | 明日は、A級順位戦リーグ最終局 »

February 28, 2015

J-REIT指数の確認(2/27時点)

今週のJ-REIT指数は、1861→1906と、2.4%の上昇。

しばしの休養を終えて再始動といった雰囲気で、約1ヶ月振りに指数1900を回復しました。

その原動力は、何と言っても長期金利。
再びチャートは、そっくりさん状態となりました。

Reit0227

Kinri0227_2

モチロン、株式相場が好調であることもサポート材料。

グラフは、J-REITのETF(1343:青)、日経平均(緑)、三菱地所(8802:赤)の比較(6ヶ月)。

88021343

J-REITは、1月の債券バブルで先にピークを付けてしまったので、今は株価上昇をREITが追いかけるような格好になっています。
大手デベの代表として地所を見ると、こちらも出遅れを取り戻すように今月は上昇しています。

世界各国のREITです。

0227

日本のように大きな調整を経験した国は見当たらず、それだけ日本の国債市場は注意を要するということかと思われます。

また、アメリカも他国に比べると軟調ムード。
これは、今後の金利上昇予想を織り込む動きなのでしょうが、増え続けるマイナス金利国から見ればUS-REITの3.5%は十分に魅力的なイールドなので、押し目買いの好機なのかもしれません。

|

« 円高・デフレが日本を救う | Main | 明日は、A級順位戦リーグ最終局 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 円高・デフレが日本を救う | Main | 明日は、A級順位戦リーグ最終局 »