« 豪中銀が利下げ | Main | 物産と商事の決算 »

February 04, 2015

高くなったドルは売りたくなる

Dow0203
DOWは強いと思ったら弱い、弱いと思えば強いの繰り返し。

先高感の後退と共にボラティリティが増す、という現象は、昨年来の日本株と似てきました。
下がりにくいというよりは、上がりにくくなっているのだと思います。

原油は何とか40$台を抜け出し、ユーロも反発基調。

1月の米国株インデックスは、▲3%でしたが、これに対して新興国株式は総じて堅調。

年初来では、インドが+5%、フィリピン+7%。
ロシアでさえ+18%で、ルーブル安を跳ね返してドル建てRTS指数もプラス化。
また、ユーロ安の恩恵でドイツは+11%。

ドル高で海外収益減に苦しむ米国グローバル企業よりも、通貨安恩恵を受ける海外(米国以外)が有利。
高く売れるドルを売って、もっと美味しい獲物はないのかと、ドルベースの投資家は鵜の目鷹の目。

「25bsp下げ?それがどうした?こっちの金利は10年で1.8%なのに、オージーは短期で2%超だ。買っちまえー、ついでにキウイも買っとけ!」
利下げで売られた豪ドルは、1日で元に戻り、NZドルは更に上昇。

昨年は高くなるドルを全員が追いかける状況でしたが、今は高くなったドルを上手く使いたい人が増加。

割安を探すハンターの動きが、「行き過ぎたドル高の是正」という形で、様々な市場に拡散しています。

|

« 豪中銀が利下げ | Main | 物産と商事の決算 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 豪中銀が利下げ | Main | 物産と商事の決算 »