« 確定申告期限が迫る | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/10時点) »

March 15, 2015

J-REIT指数の確認(3/13時点)

今週のJ-REIT指数は、1873→1820と、3%弱の下落。
結構下げました。

日本の長期金利は週間で、0.38%→0.40%と上昇していますので、方向性としては合致しているものの、目先の物色対象が、好調な日経平均銘柄に移ったことも影響しているように感じられます。

グラフは、J-REIT指数(1343)、日経平均、JASDAQ指数、豪州リートETF(1555)の比較。(6ヶ月)

Reit0314


10月末の日銀追加緩和以降、外人勢の参入等により、小型より大型の傾向が顕著。
J-REITは長期金利低下の波に乗り、1月にピークを付けましたが、今月になって日経平均に抜かれる展開。
豪州リートETFは、長期的な円安傾向の恩恵もあり、最近になってJ-REITを逆転しました。

世界のREIT動向を眺めると、低金利化の進む欧州が高値圏を維持して堅調。
利上げ懸念が燻るアメリカは調整中。
日本は概ねアメリカに追随といった傾向です。

2月の売買動向が公表されています。

Jreit0315

海外勢が大きく利確に転じました。
追加金融緩和のあった昨年10月以降買い越し分の、およそ半分を売却。

買ったのは銀行。
3月決算に向けて配当が欲しかったのか、値頃感があると見たのか。
投信も買っています。

あくまでトレーディングの海外勢とインカムの本邦勢という特徴が感じられる結果です。

次に、日米の長期金利チャート(6ヶ月)を確認しておきますが、基本的には似ています。

0314

Beikokusai_0314

今のところ、J-REITは国債市場次第であり、日本の長期金利は米国次第。
結局、今後のJ-REIT指数は、アメリカの金利動向に左右されることになりそうです。

|

« 確定申告期限が迫る | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/10時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 確定申告期限が迫る | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/10時点) »