« FOMC後の米国長期金利は再び2%割れ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/17時点) »

March 21, 2015

J-REIT指数の確認(3/20時点)

Jreit0320今週のJ-REIT指数は、1820→1850と、1.6%の上昇。

チャートは自立的に調整を終了したようにも見えますが、この1週間で長期金利が0.41%→0.32%へと大きく低下したので当たり前に買われただけ、とも言えます。

US-REITと豪州REITのチャートも反発傾向です。
Areit0320

今週は、国土交通省が平成27年の公示地価を公表しました。

東京都内全域では、前年比+1・9%で、2年連続のプラス。
区部の商業地は+3・4%(前年+2・7%)と上昇幅が拡大しました。

大きな構図としては、円安と世界の低金利化が地価上昇をサポートしているものと見られます。

世界不動産投資ファンドという仮想体を考えてみると、通貨安の分だけポーションが下がるので買う必要があります。

また、買いの一翼を担っている中華圏投資家の居住地域では住宅バブルが継続中。

香港で坪1000万円、台北で坪500万円に比べると、東京湾岸のマンションが坪350万円なのは安く見えます。

割高を基準にすれば、普通が割安に見える。
株と一緒です。

|

« FOMC後の米国長期金利は再び2%割れ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/17時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« FOMC後の米国長期金利は再び2%割れ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/17時点) »