« 米ナスダック指数、15年ぶりに5000突破 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/3時点) »

March 07, 2015

J-REIT指数の確認(3/6時点)

今週のJ-REIT指数は、1906→1873と、2%弱下落。
長期金利が先週末の0.35%→0.38%へ上昇しており、国債先物市場の下げに引っ張られた格好です。

1月の国債バブルが弾けたことで、新発債を買って日銀に売れば儲かるという安全トレードが出来なくなり、3月3日の10年もの国債の入札が低調というニュースや、アメリカの長期金利が上昇傾向にあることなどが、国債購入者の心理を悪化させているようです。

Reit0306

Kinri0306

両者のチャートを比較してみると、J-REITは75日線が何とかサポートしているのに比べて、国債市場は200日線。
投資家は、日銀の関与が少ない方が安定していると考えているようです。

金曜日のNY市場では、雇用堅調→早期金利高→株安という連想によって、リスク資産の圧縮が進みました。

米長期金利は2.12%→2.24%と上昇し、米REITのETFは、3%も下落。

米国市場の影響を受けて、来週の日本国債・J-REIT市場は不安定さを増すかもしれませんが、本家アメリカの長期金利が、急激に上昇し続けるシナリオの可能性は低いと思っています。

|

« 米ナスダック指数、15年ぶりに5000突破 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/3時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 米ナスダック指数、15年ぶりに5000突破 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(3/3時点) »