« March 2015 | Main | May 2015 »

April 27, 2015

米国住宅市場の確認

過去1年の新築住宅販売戸数です。

1

悪天候にも関わらず、今年1、2月が年間ペースで50万戸を越え、好調ぶりを示していましたが、3月は一転して前月比11%減の48万1000戸。
2013年7月以来1年8カ月ぶりの大きな減少率となっって、市場を少しがっかりさせました。

なお、先行指標である建設許可件数(下図)は安定しています。

Photo_2

Continue reading "米国住宅市場の確認"

| | Comments (5)

April 25, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(4/21時点)

         (4月21日)  (4月14日) (増減)
カナダドル   ▲27051  ▲30578   +3527
スイスフラン   335       170   +165
ポンド       ▲29281   ▲36045  +6764
円        ▲14448    ▲23070  +8622
ユーロ     ▲214645  ▲212347   ▲2298
NZドル     8488      6003    +2485
豪ドル     ▲34663   ▲42433   +7770

ユーロ以外はドル安方向へのポジション調整。
円売りポジションは、昨年ピークの10分の1水準にまで減少しました。

現実の為替市場では、ドル円が2ヶ月振りに118円台まで下落。
ユーロドルは先月の1.05から1.08まで反発。

ドルインデックスは、50日移動平均線まで落ちてきました。
Dxy0425

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/21時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(4/24時点)

0424
今週のJ-REIT指数は、1903→1894と僅かに下落。
特に金曜日の最後30分で1900から陥落し、安値引けとなっています。

長期金利は、先週の0.31%→0.28%と下がっているので、債券価格とは逆の動きでした。

足下の為替市場ではドル安の動きとなり、金利低下が好材料では無く、リスクオフ心理による株売り債券買いと解されて、週末前にJ-REITも売り優勢の展開となったように見えました。

日経平均は20020円と大台を死守し、まだ先高感は維持されているものの、相場全体は方向性が見出しにくい雰囲気。

「Sell in May」も目前です。

Continue reading "J-REIT指数の確認(4/24時点)"

| | Comments (3)

April 22, 2015

米主要企業の決算状況

米国主要企業の1-3月期決算発表時期(楽天証券サイト)は、4月13日~今月末なので、今は前半戦が終わったというところです。

ここまでで、何か大きなトレンドは見えるでしょうか。

◇インテル(INTC)

インテルは、PC→モバイルの流れに出遅れたとされ、株価は1年前まで25ドル付近で低迷。
しかし、悲観過ぎたPCマーケットの縮小観測の見直しと、モバイル用プロセッサー「Atom」への期待等もあり、昨年末には37$まで回復。現在はやや落ち着いて、32$近辺です。

決算内容は、

EPS:予想41¢に対し、結果41¢
売上高:予想128.3億ドルに対し、結果127.8億ドル

2015年通期のインテルへの期待値は、EPS2$強、配当1$弱といったところ。
現在のバリュエーションは、PER15倍、期待配当利回り3%近辺ですから、キャッシュリッチな安定企業としてはフェアバリュー水準という気がします。

今年の売上高予想は2014年と同じ、かつ設備投資計画は、従来の95~105億ドルが82~92億ドルに減額されているので、あまり強気で買いにはいけないというムードでしょうか。

Continue reading "米主要企業の決算状況"

| | Comments (0)

April 21, 2015

橘玲の中国私論

51y35ugpbl_sy344_bo1204203200_「橘玲の中国私論」の巻頭は、中国各地に現れた10大「鬼城(ゴーストタウン)」特集。

これでもかというくらい、全く同じ無責任な街作りパターンが続くので、最後には気分が悪くなってきます。
無論、「10大」以外にも、もっと小規模のものが多数あるのでしょう。

これだけの無駄金を投資しながら、「シャドーバンキング・クラッシュ」が未だ散発的にとどまっている中国経済の懐の深さに感心すると同時に、いつかは破裂する可能性に背筋がヒヤリとする想いも感じられます。

中国企業の決算を見れば、7%成長は嵩上げした数字としか思えません。

本日、総負債額が1兆3000億円あまりの佳兆業集団 は、ドル建て社債をデフォルトさせました。

Continue reading "橘玲の中国私論"

| | Comments (0)

April 20, 2015

「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦

51rnrmanl_sy344_bo1204203200_旅行作家の下川裕治さんのブログ「たそがれ色のオデッセイ」は、旅から感じる世界の変化というテーマが多く、広い意味では投資にも参考になるので愛読しています。

その下川さんの新作が、「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦 (新潮文庫)

おそらく氏は、もはやそれほど貧乏ではないと推測されますが、本のネタとしての貧乏旅行を止められません。

今回は発展著しい東南アジアを、タイ→ベトナム→ラオス→ミャンマーを陸路で、しかも出来る限りマイナーな国境を通って一周しようというルート設定です。

Continue reading "「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦"

| | Comments (5)

April 19, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(4/14時点)

       (4月14日)  (4月7日) (増減)
カナダドル  ▲30578   ▲30019  ▲559
スイスフラン   170     120    +50
ポンド    ▲36045   ▲34301  ▲1744
円      ▲23070   ▲24449  +1379
ユーロ   ▲212347   ▲215258 +2911
NZドル    6003     5778    +225
豪ドル   ▲42433    ▲40281  ▲2152

大きくポジションが変動した通貨ペアは無し。

実際の為替市場では、この後ドル安が進み、一時100にタッチしたドルインデックス(DXY)は97.5まで下がりましたが、50日移動平均線はリスペクトされています。
Dxy0418

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/14時点)"

| | Comments (0)

April 18, 2015

J-REIT指数の確認(4/17時点)

Reit0417
今週のJ-REIT指数は、1918→1903と若干下げましたが、下値は限定されており、前向きに捉えれば1900を固める動きとも見えます。

長期金利は、0.34%→0.3%と、こちらも若干の下げで債券は上昇。
ドイツの長期金利が0.1%を切るという欧州の低金利化の流れを受け、金利という重力が失われた世界での相場が続きます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(4/17時点)"

| | Comments (0)

April 16, 2015

トルコリラが安い

日経新聞が「トルコリラ 最安値(対ドル)更新」の記事。

新聞に出る時はトレンド終了という説もありますが、まずはトルコリラ/ドルの長期チャート。

Try0415
リーマンショック時には、0.8→0.6に急落。
その後、0.7近辺に持ち直したものの、そこから半値に落ちて、今は0.37。

対円では、下図の通り。
0416
円安の影響もあって、2012年の40円台を更新するには至らず、44円台。

Continue reading "トルコリラが安い"

| | Comments (0)

April 15, 2015

株価(時価総額)とGDP

アメリカでは、株価も債券も割高との声が強まっていますが(投資家、株・債券バブルへの懸念強める=調査)、あらためて株価(時価総額)とGDPの関係を確認しておきたいと思います。

アメリカの数値は、gurufocusのサイトにありますが、時価総額がGDPを25%上回っており、「歴史的な基準で見れば、今後1年の期待リターンは配当を含めても+0.1%しかない」との記載があります。

1981年以降の、日本の東証一部時価総額とGDPおよび倍率の関係は下記グラフの通りです。
Gdp0415

バブル期以降、日本のGDP(青)は500兆円前後で余り変わらないので、株価の変動(赤)と倍率(緑)は概ね同じ動きとなります。

Continue reading "株価(時価総額)とGDP"

| | Comments (5)

April 14, 2015

大型株VS小型株

日経平均とJASDAQ指数の1年。
0414001
バズーカ第二弾以降、圧倒的に日経平均が上回っています。

海外勢は素直に流動性の高い銘柄に参入。
個人は慎重に追随してきました。

次は3ヶ月。

Continue reading "大型株VS小型株"

| | Comments (0)

April 12, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(4/7時点)

        (4月7日)  (3月31日) (増減)
カナダドル   ▲30019  ▲29618  ▲401
スイスフラン   120     706    ▲586
ポンド     ▲34301  ▲36630   +2329
円       ▲24449  ▲23924   ▲525
ユーロ    ▲215258  ▲226560  +11302
NZドル    5778     4031    +1747
豪ドル    ▲40281   ▲24356  ▲15925

先週金曜日に発表された雇用統計のNFPが低調だったことでドル売りが優勢になったものの、早期利上げ観測の蒸し返しもあって再びドル買いの勢いが戻った、というのが1週間の動きでした。

上記ポジションは、中間の火曜日ですので、ユーロショートに少し巻き戻し(ドル売り方向)が見られます。

豪ドルに関しては、7日に利下げが無かったことで、若干の反発方向で動いています。

Dxy0411
ドルインデックスは、再び100を窺う位置まで戻ってきました。

最近の米国株式市場は高値圏での個別物色模様となり、大きく崩れているわけではないものの、全体としては、ドイツや日本に負けています。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(4/7時点)"

| | Comments (0)

April 11, 2015

J-REIT指数の確認(4/10時点)

Reit0410今週のJ-REIT指数は、1848→1918と、4%近くも上昇し、3月3日以来の終値ベース1900超となりました。

今週の長期金利が、0.35%→0.34%と僅かながら低下したことに加え、堅調な株価動向がJ-REIT市場を支援したようです。

業種別で不動産業の指数は、前週比2%ほど上昇。

チャートは、2月3月に跳ね返された1900を強く上抜いた形になっており、エネルギーは結構ありそうに見えます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(4/10時点)"

| | Comments (1)

April 05, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(3/31時点)

       (3月31日)  (3月24日) (増減)
カナダドル  ▲29618   ▲32656  +3038
スイスフラン  706     ▲3955  +4661
ポンド    ▲36630   ▲38557  +1927
円      ▲23924   ▲45905  +21981
ユーロ   ▲226560   ▲220963 ▲5597
NZドル   4031     ▲866    +4897
豪ドル   ▲24356   ▲28368   +4012

増減欄マイナスはユーロだけで、その他は全てドル売り方向。
スイスフランとNZドルはネットプラスに転じており、ドル強気心理に陰りが生じています。

特に対円でのドルロングは半減し、現安倍政権発足以来の最低水準ですので、アベノミクス効果が最弱になったとの見方も成り立ちます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(3/31時点)"

| | Comments (0)

April 04, 2015

J-REIT指数の確認(4/3時点)

今週のJ-REIT指数は、1894→1848と、2.5%の下げ。
長期金利は、0.37%→0.36%と僅かながら低下しているので、今週は逆の動きでした。

アメリカ勢は、イースター休暇前かつ納税期限が近いので、換金したいタイミングだったかもしれません。

月足長期チャートを見てみます。
Reit0404
リーマンショック前、2007年春は異常で、とにかく買えば上がる状態でした。

この時のピークを100とすると、25まで下がって今は75。
底値から3倍です。

Continue reading "J-REIT指数の確認(4/3時点)"

| | Comments (0)

April 02, 2015

川崎市の中古タワマン動向

Photo_2「みなとみらい」のついでに、川崎市の武蔵小杉とJR川崎駅西口周辺のタワマン中古事情について調べました。

川崎市は、この二ヶ所の整備を集中して進めており、「金を投下すれば地価は上がる」分かりやすい事例となっています。

東急武蔵小杉駅周辺は高層マンションが林立(乱立?)して事例が多いので、東急とJRに挟まれた新丸子東地区に絞りました。(サンプル数18件)

主要物件は、2008年竣工の「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーおよびステーションフォレストタワー (駅徒歩2分)」になります。

Photo

Continue reading "川崎市の中古タワマン動向"

| | Comments (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »