« シカゴ筋ポジションの確認(4/7時点) | Main | 株価(時価総額)とGDP »

April 14, 2015

大型株VS小型株

日経平均とJASDAQ指数の1年。
0414001
バズーカ第二弾以降、圧倒的に日経平均が上回っています。

海外勢は素直に流動性の高い銘柄に参入。
個人は慎重に追随してきました。

次は3ヶ月。

0414002
まだ大型有利ですが、これだけ離されると、なんだかんだ言っても裁定(トリクルダウン効果?)が働き始めます。

そして1ヶ月。

0414003

ようやく逆転。
小型とは言えませんが、個人が主体のソフトバンク(9984)も壁であった7400円を突破し、短期的な動意を見せています。

日経平均は2万円の節目を前にしばし立ち止まっていますが、こちらが大きく崩れないのであれば、より割安な個人主体の銘柄のバリュエーション修正にチャレンジしてもリスクは少ないのでは、という個人の心理が感じられます。

「セルインメイ」も間近に見えてきているので、それまでの割り切りトレードかもしれません。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(4/7時点) | Main | 株価(時価総額)とGDP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(4/7時点) | Main | 株価(時価総額)とGDP »