« 米国住宅市場の確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(4/28時点) »

May 02, 2015

J-REIT指数の確認(5/1時点)

Reit0501
今週のJ-REIT指数は、1894→1859と、2%弱下落。
これで3週連続の下げとなりました。

今週は長期金利が上昇し、これまで金利低下を背景に無敵状態だった欧州のREITを含め、各国のREITが下げました。

下図はフランスREITのチャートです。
Photo
年初から3割も上がっていましたが、ようやく止まりました。

世界中で長期金利の上昇が発生したきっかけは、ドイツにあると思われます。

0501
ドイツ10年債の金利は、ECBの緩和等を材料に、4月20日には0.075%と、0.1%を大きく割り込む異常事態。

ビル・グロスの「ドイツ10年国債は、空前絶後のショート機会 」という発言が飛び出したのが翌21日。

これが逡巡していた投資家の背中を押す号砲となり、金利は一気に上昇して0.37%。
短期間で、実に5倍となりました。

これを受けて、米国長期債も売られ、NYでは株と債券が同時安。
更にはユーロショートや原油ショートの巻き戻しにまで波及し、REITの買い材料が消えました。

ECBの量的緩和に、いわば悪乗りした過剰ポジションが修正される局面にあるものと思われます。

|

« 米国住宅市場の確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(4/28時点) »

Comments

最近の日本の長期金利 0.2割れと同じで 金利低すぎ と普通の感覚で感じた処で一度は大きく反発しますね。

フランスのリート 初めて見ました。年初からすごい上げでしたね。日本の金融緩和の時と同じでリート(株)買い ユーロ売りはすごいチャンスだったのですね。日本とアメリカしか見ていなかったのと、頭も経験も浅いので連想が働きませんでした。 

Posted by: a | May 03, 2015 10:23 AM

欧州リートは投信でしか買えないので、機動的に動くことは難しいです。

ドイツ国債は、今も4年ものまでマイナス金利。
一時は7年ものまでマイナスだったかと思います。

そもそも金利はマイナスにならないという伝統的な価値観は無視されていますが、やはり不自然さは拭えないと思います。

こうした異常ともいえる金利環境下で形成されるリートや現物不動産の価格は一体どう評価すべきなのか。
時間が経ってみないと分かりません。

Posted by: akazukin | May 03, 2015 12:18 PM

債券価格は上限1・・円 と思っていました。(すいません金利ゼロの値段 忘れました)これを上回る可能性なんて想定もしていませんでした。

日本の金利が低くなった様に、世界中金利がつかないのが当たり前になってゆく こんなことも想定すると過去のサイクル論は下にずれるのでは なんて勝手に妄想しています。

Posted by: a | May 03, 2015 10:35 PM

「短期金利は中央銀行が決めるが、長期金利は市場に任せる」という基本原則が、いつの間にか軽視されていますが、その功罪の大きさが十分に検証されてやっている訳では無いので、後から大きな副作用がやって来る可能性は否定できません。

いずれにせよ、「マイナス金利は生じさせない」という程度の節度も守れないというのは、情けない話であると私は思います。

Posted by: akazukin | May 04, 2015 08:11 AM

先日のニュースや今日の話題であったのですが、日本の中央銀行 日銀は国債の大量保有 買付だけでなく 優良リート ユニクロ もすでに大量保有しているそうですね。これからリートを買うとすると低格付けまで枠を広げなければならないともありましたね。日本円=日本総資産 うまく表現できないのですが総力戦 みたいな感じになっている様な。引くに引けない円のリスク化 希薄化が進行している様な。ヨーロッパのマイナス金利もよくわかりませんし。対処法は外貨 株の分散投資ぐらいでしょうか。過去のサイクル論を重視している上手な方達はまだまだリスク資産は上昇と言っていますが。考えすぎず踊るあほうを継続 これがベストなのでしょうか。

Posted by: a | May 04, 2015 10:35 PM

伝統的な価値観からすれば、禁じ手に近いことをしていることは事実ですが、だからこそ歴史的な低金利が持続し、資産価格が上昇しているとも言えます。
そもそも相場にリスクは付きものなので、出口に近い場所でパーティに参加しようというのが多くの人の考え方でしょう。
なかには、あまりに異常なのでゼロポジで静観する人もいるでしょうし、それも立派な相場観です。
何がベストなのかは、それぞれの投資家の目的やリスクの許容範囲によって異なります。
明日テロが起きて大暴落することだってある訳ですから、それでも後悔しない、生活に影響させない程度のポジションで参加するというのが私の基本です。

Posted by: akazukin | May 05, 2015 09:37 AM

本当にそう思います。

禁じ手が普通の手段になってしまうのか、ソフトかハードに修正されるのか。後にならないとわかりませんね。わからない時は余裕資金の分散投資が基本ですね。

(大暴落の一つの条件 普通の人がたくさん参加する が日本ではまだありませんね。中国は極端ですね。少し前見た景色がそのまま再現されていてビックリです。)

Posted by: a | May 05, 2015 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 米国住宅市場の確認 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(4/28時点) »