« 金まみれのFIFA~ホルスト・ダスラーという亡霊~ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/2時点) »

June 06, 2015

J-REIT指数の確認(6/5時点)

Reit0605
今週のJ-REIT指数は、1866→1831と、2%の下落。
チャート的には、今年になって5回目の1800ライン接近となっています。

背景は何と言っても長期金利の上昇。
相変わらず震源地はドイツで、1週間前の0.48→0.84%。

日本は、0.41→0.48%。
アメリカは、2.12→2.41%。

ドイツ10年金利のチャートです。

100606

一旦落ち着きかけたものの再騰。
先月中旬の0.72%を超え、一瞬0.99%と、1%に最接近して上髭を残しました。

まあこれで、一度は試したい1%に事実上タッチしたと考えれば、ある程度満足したかもしれません。

ドイツ国債波乱の要因は、2日に発表されたユーロ圏インフレ率の上昇(前年比+0.3%、コア+0.9%)と、ドラギECB総裁のボラティリティ容認発言と言われていますが、そもそもはマイナス金利まで買いすぎていたことが問題。

ある意味、株式よりもバブル度は高かったので、むしろ健全化の過程にあると見た方が良さそうです。

現在でもドイツは3年ものまでマイナス金利(▲0.1~0.2%程度)ですから、これが解消するくらいの「余震」は想定されますが、財政黒字で品薄のドイツ国債がパニック売りされるような金利上昇は考えにくく、もし起これば事件だと思います。

米国長期金利も、2年前に一時3%を超えるヒステリックな反応をした反省があるので、過剰反応はしないだろうと見られます。

債券市場は、買われすぎの調整の範囲という前提に立てば、J-REITも当分は同じような動きではないかと予想されます。

|

« 金まみれのFIFA~ホルスト・ダスラーという亡霊~ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/2時点) »

Comments

 財政黒字で品薄のドイツ国債 なるほどでした。今まで気づきませんでした。国債の発行額は信頼性のみでなく需給にも影響があったのですね。盲点でした。信頼性、逃避先のほかに需給の面からもドイツの長期金利は低くなりやすいのかもですね。
 日本の国債 発行量多いので厚みがありますね。なんて、参加者限定なので需給崩れたらどうなるのでしょうか。全部日銀引き受けなんて。

 バーナンキショックの時もそうでしたが、中央銀行の要人の言葉尻をとらえた反応がよくあるように感じられるのですが以前からそうだったのでしょうか。それとも世界中の量的緩和の影響でしょうか。

Posted by: 弱気投資家 | June 06, 2015 10:09 PM

ドイツ国債の乱高下は、10年ものが一時0.07%と、マイナス金利の方向に踏み込みすぎたのが原因で、やや特殊事例という評価も出来ますが、中央銀行が市場介入した際に価格が歪みやすいという意味では、他山の石とすべきかと思われます。

日本国債の場合、財政再建目標が後退していますが、もし成長して物価が上がって長期金利が上昇すれば日銀は破綻するので、論理的にはより矛盾しているとも言えそうです。

中央銀行の口先介入は昔からありますが、最近はよりサプライズ効果を出すために、従来の「市場との対話」とは逆の「いきなり爆撃」のケースもしばしば見られます。

ゼロ金利によって伝統的な短期金利の誘導という政策が出来なくなり、それだけ金融政策の効果が行き詰まっていることを示しているのだと思われます。

金融資本市場の巨大化と共に、中央銀行がリスクを抑える存在から、リスクの一要素という地位に低下しているように感じられます。

Posted by: akazukin | June 07, 2015 09:22 AM

 品薄のドイツ国債を中央銀行が買ってさらに品薄になる・・・なにかドイツの長期金利で仕手が可能になっているのではなんて感じてしまうのですがどうでしょうか。もしそうならかなりまずいですよね。大丈夫なのでしょうか。

 中央銀行がリスクを抑える存在から、リスクの一要素という地位に低下しているよ  ふと感じたのですが通貨体制、政策自体が時代とともにころころ変化していく・・・その程度のものでしかない なんてことはあり得るでしょうか。

Posted by: 弱気投資家 | June 07, 2015 10:00 PM

国債市場で十分な流動性が失われていることはドラギ総裁自身認めていますし、需給がタイトであること自体は全ての資産に起こりうることです。
しかしながらドイツ国債の場合、持続性の無い価格まで買い進めてしまった投資家の自制心の欠乏は問題です。

現在の通貨・金融政策に関していうと、不景気があるからこそ好景気がある訳ですが、忍耐を忘れて常に景気を刺激することを求め、「金利低下→ゼロ金利→量的緩和→マイナス金利」と、不自然な金融資本主義の肥大化を黙認していることが、次の危機の温床となっているのだと思います。

Posted by: akazukin | June 08, 2015 10:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 金まみれのFIFA~ホルスト・ダスラーという亡霊~ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(6/2時点) »