« 5分でわかるギリシャの歴史 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/7時点) »

July 11, 2015

J-REIT指数の確認(7/10時点)

Reit071002
久々に相場が荒れた1週間で、J-REIT指数は、1759→1645と6.5%も下げました。
先週後半から、7日続落となります。

先週末のギリシャ国民投票が、緊縮策に「NO」。
加えて急落する中国株の影響が、ついに日本にも上陸。

上海総合指数の下げ止まりとギリシャ情勢好転の観測から、欧米市場は週後半に立ち直りの兆しがありましたが、東京マーケットは金曜日も日経平均がマイナスでした。(TOPIXは若干プラス)

なお、日本の長期金利は、週間で0.48%→0.43%と低下。
この支援材料もリスクオフ心理に打ち負かされ、J-REIT指数は黒田追加緩和があった昨年秋水準まで戻った格好です。

現実問題として、平均利回りが3.6%まで上がったJ-REITが、格別魅力的になったとは思えません。
ドイツ国債のバブル崩壊で、年初のような超低金利も望めません。

とはいえ、昨年秋に0.5%だった長期金利が今は0.43%ですし、市場のセンチメントだけで言えば、ミニ「陰の極」を通過したようなムードはあります。

おそらく、J-REITに最も強い影響力を持つのは、US-REIT。
日米リートの1年間を比較してみます。

Usjreit

こうして見ると、黒田追加緩和も日銀の継続的なJ-REIT買い入れも、大勢に影響を与えているようには見えず、ただ米国に追随しているだけと言っても良さそうな近似型ですが、やはり直近の乖離は大きくなっています。

外部環境が更に悪化しなければ、1800までの戻りに賭けてみたいところです。

|

« 5分でわかるギリシャの歴史 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/7時点) »

Comments

 Jリート以外は、一時的にかもしれませんが上昇に転じましたね。このJリートの値下がりが単なる需給によるものなのか、他に深い意味があるのか、来週の値動きで少しはわかるかなと思います。

 Jリートは高値から約20%値下がりしました。相変わらず上昇も下落も激しいですね。

Posted by: 弱気投資家 | July 11, 2015 10:13 PM

J-REIT市場は、大きくなったと言っても、規模は新興市場。
ボラタイルなのは変わりませんね。

端的に言って、深い意味は見つかっていません。

Posted by: akazukin | July 12, 2015 10:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5分でわかるギリシャの歴史 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/7時点) »