« ギリシャの瀬戸際交渉で株安 | Main | 何でもあり時代のギリシャと中国 »

July 03, 2015

J-REIT指数の確認(7/3時点)

Jreit0703
今週のJ-REIT指数は、1827→1759と、4%近い下げ。
大きな陰線が二本連続し、サポートラインに思えた1800を割り込む変調振りです。

今朝の日経は、昨日の午後2時台に、「機関投資家の解約を受けた私募投信が、50~60億円の規模のまとまった売りを出した」と報道していますが、その背景には触れられていません。

日本の長期金利は、この1週間で、0.47%→0.48%。
昨日0.5%になったことが一部で話題になっていた程度で、さほど揺れている訳ではありません。

海外を観察しても、長期金利やREITに特別に目立った動きは見当たりません。

強いて想像力を働かせてみると、「中国株を買っていた投資家が遂に耐えきれなくなり、NYが三連休かつギリシャ国民投票前のタイミングで、まとまった売りを出さざるを得なくなった」くらいでしょうか。

しかしながら、中国株とJ-REITをセットで買うというアイディア自体(中国人の不動産爆買い?)、相当に稚拙ですから、これを本気でやるファンドが存在するとは思えません。

最近は、株式に比べて出遅れであることばかり話題になるJ-REITですが、安いと思うなら買えば良いだけであり、中央銀行バブルに踊らない、という姿勢も、一つの見識かと思います。

|

« ギリシャの瀬戸際交渉で株安 | Main | 何でもあり時代のギリシャと中国 »

Comments

わざと大幅に下落させるような売り方でしたよね。客のオーダーを自分で買う作戦かな なんて思ってしまいます。それとも バーナンキショックの時と同じで まずリートが大幅に下がって それからしばらくして利上げ観測出して株も大幅調整 のパターンでしょうか。

Posted by: 弱気投資家 | July 04, 2015 10:34 AM

中国も日本も、欧米から見るとアジアという同じ括りになるので、半分冗談にしても、関係があるのかもしれません。

バーナンキショックの時ほど突然では無いにしても、徐々に金利上昇が織り込まれているのは確かで、年初からの半年を見ると、長期金利上昇に伴う世界的なリートの調整、という状況と理解して良いんじゃ無いでしょうか。

おっしゃるように、金利敏感なREITの方が早く反応していて、株式市場は織り込みが遅れている印象ですから、実際に利上げされれば、FRBに敬意を表しての株安というのは、あるんじゃないでしょうか。

Posted by: akazukin | July 04, 2015 11:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ギリシャの瀬戸際交渉で株安 | Main | 何でもあり時代のギリシャと中国 »