« シカゴ筋ポジションの確認(7/21時点) | Main | アメリカと中国のデカップリング »

July 26, 2015

金と原油の先物ポジション

CFTC(Commodity Futures Trading Commission)ポジションの長期推移です。

2005年以降の金。

Cftcgold0726
最新の7/21時点の数字が入っていませんが、28279になります。
これは、一番左の2005年1月と同じ水準で、この10年の買い越しの勢いが全部剥げた、ということになります。

この数字から見る限り、もう売るものは余り残っていません。

金価格の長期チャート。

072601
2009年に1000$を越えてから、「戦略的」に買われた部分はほぼ消えました。

長期的に見れば、700~1000$は一つの団塊に過ぎず、1000$でも800$でも、どこで落ち着いても誤差の範囲という感じです。

金に比べて原油の方は、ポジションの整理が進んだとは言い難い状況です。

Oil0726001
最新の7/21時点で、253,683も残っています。

これは、昨年7月の45万台からは半分近くに減ってはいるものの、2000~2010年の、多くて10万という水準と比べれば、まだ2倍以上。

これだけ下がってもなお、大量の買い残が残る理由は良く分かりませんが、いずれにせよ、このネット買い越し残が崩壊すれば、40$を割れて30$台前半も現実のものとなると理解すべきように思われます。

WTIの長期チャートです。

Wti072601

|

« シカゴ筋ポジションの確認(7/21時点) | Main | アメリカと中国のデカップリング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(7/21時点) | Main | アメリカと中国のデカップリング »