« バブル相場の下落率比較~半値が希望を絶つ~ | Main | J-REIT指数の確認(8/7時点) »

August 07, 2015

バルチック海運指数は商品価格の先行指標となるか

バルチック海運指数(Baltic Dry Index)は、ロンドンのバルチック海運取引所が発表する外航不定期船の運賃指数で、1985年1月4日を1000として算定されています。

「Dry」というだけに、鉄鉱石・石炭などの積み荷が対象で、石油(wet cargo)は対象外です。

過去5年のチャートは、下記の通り。
この中で一番高い山は、2010年秋。
最近では、2月を底に反発しています。

Baltic_index

一方のCRB指数。

Crbindex0807

こちらは2011年4月がピーク(この時WTIは113$)でしたから、バルチックよりピークが半年遅れで追いかけています。

そこで、バルチック指数を半年進めて、CRB指数連動ETF[CRBQ]の数値と、重ねたチャートを作ってみます。

Crbbaltiv0804

これが「そっくりさん」であるほど、バルチック指数の6ヶ月先行性が証明されることになりますが、うーん、微妙です。

似ていないよりは似ている方に近いか(?)といった印象ですが、この2年くらいに限れば、山と谷の感じはけっこう当たっているようにも見えます。

そもそもバルチック指数は、船が少なければ上がってしまいます。
船の要素と商品需要の要素、半分当たっていればOKで、キレイに重ならなくて当然です。

仮に今後の商品価格が、6ヶ月前のバルチック指数をなぞるとすると、商品相場は更に下がって2ヶ月後くらいに底を打ち、年末には6月頃の水準に戻ることになります。

これは、WTIでいうと、40$にタッチした後、60$に戻るようなイメージとなり、有り得ない展開ではないと思われますが、今のところ原油市場は長期低迷説が主役であり、その中でのベストシナリオ的な扱いといったところでしょうか。

|

« バブル相場の下落率比較~半値が希望を絶つ~ | Main | J-REIT指数の確認(8/7時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バブル相場の下落率比較~半値が希望を絶つ~ | Main | J-REIT指数の確認(8/7時点) »