« J-REIT指数の確認(9/25時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/2時点) »

September 26, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(9/22時点)

        (9月22日)  (9月15日) (増減)
カナダドル   ▲38394  ▲47083  +8689
スイスフラン  ▲1876    3782   ▲5658
ポンド      1267    ▲3619  +4886
円       ▲23678  ▲26814  +3136
ユーロ    ▲81033   ▲84202  +3169
NZドル   ▲3529    ▲2094   ▲1435
豪ドル    ▲52832   ▲40729  ▲12103

豪ドルだけが5桁動いていますが、他は小動き。
今は、ポジションを傾けにくく、静観が正解、といった心理とも読み取れます。

ドルインデックスです。
Dxy092901_2

FRBは、本当に利上げ出来るのか。
市場の見方は交錯しており、ドルは三角保ち合い的な動きを見せています。

これは、FRB自体が、外野のタカ派ハト派双方からプレッシャーを受け、相当に煮詰まった状況に追い込まれていることの表れとも言えそうです。

利上げ見送りの理由として、中国および新興国の状況に言及したことで、利上げ判断をする時の説明は難しくなりました。

「では、新興国市場は安定したと考えて良いんですね」「YES」
と答えられる時期が早々に来るかというと、難しいところです。

一方、金利の正常化というのであれば、なぜもっと早く利上げしなかったのか、という不満も、利上げ見送り後の株価が不安定なだけに、むしろ強まっています。(利上げしていたらもっとヒドイことになっていたかもしれませんが)

「適切な利上げ時期を見送ってしまい、立ち往生しているFRB」という印象が強くなるのは避けたいところでしょうが、市場の懸念は、米国経済よりも米国外。

フォルクスワーゲンの不正という想定外の火種まで発生し、年内利上げは、「10月後半に市場は落ち着く」というアノマリーの実現性次第かもしれません。

|

« J-REIT指数の確認(9/25時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(9/25時点) | Main | J-REIT指数の確認(10/2時点) »