« 基準地価から見る国土のメリハリ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/22時点) »

September 26, 2015

J-REIT指数の確認(9/25時点)

今週(と言っても2日間ですが)のJ-REIT指数は、1621→1690と、+4.3%。
特に金曜日は、+3.99%。

1日の上げ幅としては、2年3ヶ月ぶりということですが、アベクロ会談による緩和期待という投機的な動きが、4%のうちの半分くらいはあったかな、という感じです。

Jreit0928001

大きな流れとしては、底打ちからの反発が継続中という理解で良いと思いますが、そろそろ利が乗った人は売りたいタイミングでもあり、外部環境の安定度合いが、今後のJ-REIT市場の鍵となりそうです。

今のところ、債券市場に特段不安定な兆候は見られないので、ポイントは株式市場ということになりそうですが、そもそも日経平均は相変わらずの空中戦で、連休明けの木曜に500円下げて、金曜に+309円。
毎日の上げ下げは派手ですが、それだけと言えばそれだけ。

日経平均の週足です。

N2250929001

陽線が3本続いてはいるものの、全体としては下降気味。

日銀のETF買いなどPKOがあるので、9月8日の17400円はギリギリ維持してますが、どっち行くかは運次第。
というか、為替次第。
為替は世界の株価次第、みたいなところでしょうか。

そもそもドル円はレンジ相場を示しているのですから、いくら日経平均が暴れても、結局は行ったり来たりになっていることは、双方が整合していると言えば整合しています。

更にドスンと来ても不思議ではないし、ここでギリギリ粘って持ち堪える可能性もあるし、今のところ推奨される投資手法は、観察です。

|

« 基準地価から見る国土のメリハリ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 基準地価から見る国土のメリハリ | Main | シカゴ筋ポジションの確認(9/22時点) »