« 問題含みの日本郵政グループ上場(2) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/13時点) »

October 17, 2015

J-REIT指数の確認(10/16時点)

今週のJ-REIT指数は、1694.41→1698.73と、0.25%の上昇。
1700の壁はなかなか頑強ですが、金曜はザラ場で1700を越えるチャレンジタイムもありました。

20151016_19h10_03

長期金利は低下傾向。
この1週間では、0.326%→0.31%。

これは援軍には違いないのですが、ここまで来ると、更に大幅に下げるのは難しい水準でもあり、金利低下期待だけでJ-REITを大きく押し上げようというのは難しそうです。

相場全体に言えることですが、現在は、中国経済懸念で急落したリスクオン心理の回復途上にあり、方向としては上を向いての取引で良いと思うものの、割安感は薄れました。

J-REITも、急落前の8月初めの水準(1800近辺)への戻りを試す気分ではあるものの、9月の1500レベルからは既に大きく上昇。

日経平均が、直近の底である16900円からの反発率が8%くらいなのに対して、J-REITは13%ほども上昇していますから、利益確定売り等で頭が抑えられるのも当然と言えば当然です。

リターンの期待度は落ちたものの、相場のムードとしては下がる心配が比較的少なく、もう少し持続しよう(あるいは新規に買おう)という人がいる一方、買った時に比べると割りが悪くなったし、もしFRBが利上げすれば多少の混乱は避けられないだろうから一旦はポジション縮小、という心理の鬩ぎ合いではないかと思われます。

個人的には、今持っている長期保有分は大事にしつつ、細かい売り買いをするだけかな、という姿勢です。

|

« 問題含みの日本郵政グループ上場(2) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/13時点) »

Comments

 私も同じ売買方針 な感じです。下落局面で買ったものは1700あたりで売ってしまいました。最近はやはり下がったものを少し買い、上がったら売るぐらいしかできません。個人的にはつまらない相場かな と思っています。

 8951と8952の利回りが結構低下している状態です。リートは買うがリスクはあまりとれない状態なのかな なんて思っています。

Posted by: 弱気投資家 | October 18, 2015 01:30 AM

実質的にはバーゲン終了ですね。

伝統的な価値観からすれば、株式もREITも、既に割高なので、反発も踊り場になっているものと考えられます。

それでも、動かないと困る人達が多いので、何か材料を見つけて無理やり上を試していくでしょうから、無理のない範囲でお付き合いしていくつもりです。

Posted by: akazukin | October 18, 2015 09:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 問題含みの日本郵政グループ上場(2) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(10/13時点) »