« October 2015 | Main | December 2015 »

November 28, 2015

J-REIT指数の確認(11/27時点)

Reit2015112701
今週のJ-REIT指数は、1753→1765と、0.7%上昇。

チャートを見ると、10月はほぼ1700で横這い。
11月になると、着実に上向きになり、週に1%くらいのペースで1800に近づいています。

来週金曜日は、12月FOMC前では最後の雇用統計ですが、利上げは既成事実化しており、市場の関心はむしろECBの緩和策に移っているのではないかと思われます。

グラフは、ドイツの2年金利。

2201511001

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/27時点)"

| | Comments (0)

November 21, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(11/17時点)

       (11月17日)  (11月10日) (増減)
カナダドル ▲28352    ▲17907   ▲10445
スイスフラン ▲15329    ▲9310   ▲6019
ポンド     ▲25260    ▲15770  ▲9490
円      ▲78611     ▲66888  ▲11723
ユーロ   ▲164177    ▲142939  ▲21238
NZドル   5248       5564    ▲316
豪ドル   ▲66464    ▲52830   ▲13634

FRBの12月利上げが確実視される中、全ての通貨でドル買い方向へのポジションシフトが進みました。
ドルロング枚数は、前週よりも72865枚増えて、372945枚と、今年3月のピークに迫っています。
但し、NZドルだけは、ネットポジションのプラスが維持されているのが目を引きます。

リーマンショック以降、多くの期間で豪州の政策金利がNZを上回っていましたが、昨年春以降はNZが逆転し、現在はNZ2.75%、豪2.0%と、NZが高い状態が続いています。

また、NZドルは株式市場との相関性が比較的強いと言われているので、依然として株に強気の人が多いことを示唆しているのかもしれません。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(11/17時点)"

| | Comments (0)

November 20, 2015

J-REIT指数の確認(11/20時点)

Reit2015112001
今週のJ-REIT指数は、1721→1753と、1.9%上昇。
チャートは、ゆっくりと着実に上に向かっています。

今週は、時価総額第2位、三菱地所系のJRE投資法人が9月決算を発表。

分配金は8001円と、3年半振りに8000円を突破。
今後二期の予想は、8080円、8210円と、小幅ではあるものの、右肩上がりの数値を出してきました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/20時点)"

| | Comments (0)

November 19, 2015

2020年マンション大崩壊

Img_87dc56c1e37562ffa641d85a3ca5baf

「2020年マンション大崩壊 (文春新書)」の著者である牧野氏は、ボスコン、三井不動産、投資法人役員を経て、現在は「空き家問題」を得意とする不動産コンサルタントとして、独自の地位を築きつつあります。

先日の「マネーの羅針盤」出演時には、いわゆる傾斜マンション問題の原因を、青田売りによる工期・工費の過剰な制約と、設計施工一体のため監理体制が脆弱であることに求めていましたが、妥当な分析だったかと思います。

新書の常として、挑戦的なタイトルが付されていますが、内容は決して煽情的なものではなく、ごく真っ当にマンションの現状とリスクを整理したものとなっています。

Continue reading "2020年マンション大崩壊 "

| | Comments (0)

November 15, 2015

「夢見るドイツ」のリスクに注意

パリでのテロもあり、難民受け入れに最も寛容なドイツの姿勢にも、更なる変化が生まれる可能性が指摘されています。

そもそも日本におけるドイツのイメージと言えば、サッカーに象徴される組織力や規律性、法律や哲学に見られる論理的な思考力、日本と共通する職人的な技術信奉などが浮かびますが、その最大の長所とみられていた「ルールを守る」という信頼感は、最近になって決定的に崩壊しました。

あれほど「決まり」に忠実であることを重視し、ギリシャ人を罵っていたドイツ人の姿は虚構だったのでしょうか。

「ドイツリスク 「夢見る政治」が引き起こす混乱 」(光文社新書)は、日本に有りがちな「ドイツ見倣え論」に警鐘を鳴らし、ドイツ人の理想主義的な政策決定の危険性を顕わにしています。

Continue reading "「夢見るドイツ」のリスクに注意"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(11/13時点)

Jreit20151113
今週のJ-REIT指数は、1716→1721と、僅かながら上昇しました。

FRBの12月利上げを織り込んだ、世界各国のREITの調整も一服。
金利変動が少なく、調整らしい調整の無いJ-REITは、動かないと言えば動かないのですが、仔細に見れば1700を割る時間帯が減り、視線は上向きと考えて良いと思います。

日経平均は先週木曜日まで7連騰と実力以上の出来を見せており、どこかで大きめの調整せざるを得ないでしょうが、株安→金利低下→REITに追い風、という原則は依然として生きているものと思われます。

といった状況のところ、パリで同時多発テロが発生し、大きな衝撃を受けました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/13時点)"

| | Comments (0)

November 08, 2015

総合商社の明暗

商社の決算が出揃いましたが、言うまでもなく、資源価格の低迷が直撃。
資源依存割合が、決算の明暗を分けています。

暗かったのは、通期純利益を600億円下方修正し、3000億円とした三菱商事。
第一Q決算では通期予想達成に強気でしたが、一向に反発しない資源市場を見て、さすがに白旗。
「現時点で想定される懸念事項を全て織り込んだ」とし、200億円の減損も含まれているようです。

明るかったのは、伊藤忠。
中間最終利益は40%増の2127億円。
通期予想3300億円を据え置きし、このまま行くなら利益首位です。

Continue reading "総合商社の明暗"

| | Comments (0)

November 07, 2015

シカゴ筋ポジションの確認(11/3時点)

        (11月3日) (10月27日) (増減)
カナダドル  ▲19491    ▲18895  ▲596
スイスフラン  ▲7035     1499   ▲8534
ポンド        188     4134   ▲3946
円       ▲43787   ▲33911  ▲9876
ユーロ    ▲134334   ▲105934  ▲28400
NZドル      6618     5589   +1029
豪ドル    ▲38625   ▲36352   ▲2273

NZドル以外は増減がマイナス=ドル買い方向。
特にユーロショートが大きく増加し、アメリカの利上げを先んじてプレイしようという心理が窺えます。

そうしたところに、タイミング良く、金曜日の雇用統計が絶好調。(ロイター

ドルインデックスは、大きく跳ねました。

Dxy2015110601

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(11/3時点)"

| | Comments (0)

J-REIT指数の確認(11/6時点)

Reit20151106
今週のJ-REIT指数は、1730→1716と、0.8%下落。
好意的に解釈すると、1700を値固めしているプロセスということになりそうです。

外部環境としては、何と言ってもアメリカの金利上昇傾向が重要。

米2年金利は、この1週間で0.72%から0.89%まで上昇。
10年金利は、2.14→2.33%。

MSCI 米国REITインデックスは、金曜日に3%以上も下落しました。

Continue reading "J-REIT指数の確認(11/6時点)"

| | Comments (2)

« October 2015 | Main | December 2015 »