« 総合商社の明暗 | Main | 「夢見るドイツ」のリスクに注意 »

November 15, 2015

J-REIT指数の確認(11/13時点)

Jreit20151113
今週のJ-REIT指数は、1716→1721と、僅かながら上昇しました。

FRBの12月利上げを織り込んだ、世界各国のREITの調整も一服。
金利変動が少なく、調整らしい調整の無いJ-REITは、動かないと言えば動かないのですが、仔細に見れば1700を割る時間帯が減り、視線は上向きと考えて良いと思います。

日経平均は先週木曜日まで7連騰と実力以上の出来を見せており、どこかで大きめの調整せざるを得ないでしょうが、株安→金利低下→REITに追い風、という原則は依然として生きているものと思われます。

といった状況のところ、パリで同時多発テロが発生し、大きな衝撃を受けました。

100名以上の一般市民がISの過激な活動の犠牲になったことは極めて残念な出来事であり、相場が一定程度リスクオフに振れることは不可避です。

過去の欧州のテロの経験からすると、比較的早い反発も期待できますが、そもそも現在の株価には浮ついた部分も多く感じられ、そうしたフロスはこれを機に剥げ落ちるかもしれません。

ISが国際的テロ集団へと変貌しつつあるのは、シリア・イラクでの領土拡大が難しくなっているためで、ISに対する攻撃が効果を上げている証左との見方もありますが、IS的なものへのシンパシーは、むしろ欧州全体に広がっていると見るのが妥当です。

根本的にはシリア・イラクの安定が最重要であり、世界が協力して、中東地域の状況改善に力と知恵を出し合うことが求められます。

|

« 総合商社の明暗 | Main | 「夢見るドイツ」のリスクに注意 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 総合商社の明暗 | Main | 「夢見るドイツ」のリスクに注意 »