« UQモバイルの使用実感 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/19時点) »

January 23, 2016

J-REIT指数の確認(1/22時点)

Reit20160125今週のJ-REIT指数は、1663→1639と、1.4%の下げ。
一方の日経平均は、ジェットコースターのような荒っぽい展開でしたが、終わってみれば▲1.1%。

週単位で見れば、小幅な下げという結果は一緒でした。

J-REIT市場は、先物を使って本体を振り回すことも出来ませんし、レバをかけたETFもないので、まったりした動きです。

ちなみに海外を見ると、豪州リート市場(現地通貨ベース)が今週+2.3%と、世界中でリスク資産離れが起こっている中では異例の強さとなっています。

年初からのパフォーマンスは、米国リート▲4.3%、J-REIT▲6.2%、豪州▲0.8%と、やはり豪州の勝ち。
この間、豪州株は7%下がっているので、「豪州だけは、株は下がっても不動産は下がらない。それは中国マネーがあるから」という見方が定着しているようです。

ちなみに2015年通年では、豪州リート+5.3%、豪州株▲1.8%でした。

こうした相場観は、昨今の人民元安で修正されるように思われますが、幸か不幸か豪ドルも下がっているため、他国ほどは中国のバイイングパワーの低下を感じない構造になっている、という背景がありそうです。

日本に目を戻すと、J-REITの軟調さは明らかに株式市場の影響と考えて良いでしょうから、今後、株価が反発に向かうならJ-REITも回復するでしょうし、株が駄目ならリートは少し駄目、という展開かと思います。

|

« UQモバイルの使用実感 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/19時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« UQモバイルの使用実感 | Main | シカゴ筋ポジションの確認(1/19時点) »