« 下がった株価は割安なのか | Main | J-REIT指数の確認(1/22時点) »

January 20, 2016

UQモバイルの使用実感

UQモバイルを使い始めて、3週間ほど経ちました。

昨年末の12月28日に申し込みましたが、その日の夜に発送メールが届き、翌29日の午後到着ですから、1日半で開通したことになります。

auの子会社ですから、au端末がそのまま使えるのが最大のメリットで、逆にau端末を持っていないと、UQモバイルユーザーになるハードルは高いです。

セット販売端末は少なく、動産確認端末も多いとは言えません。

MVNOには珍しく、MMSタイプ(自動着信)のメールサービスがありますが、私の「Xperia Z3」にさえ対応していないという、やる気の無さです。

プランの選択肢も少なく、音声通話プランだと、LTE、VoLTE、それぞれ月間3GBか無制限かの二つだけ。

但し、無制限の場合は受信最大速度が500kbpsに制限されてしまうので、事実上の選択肢は3GBプランのみという状態です。

月額料金は1680円で、楽天モバイルの通話3.1GBプラン1600円と、ほぼ同じです。

なお細かい話ですが、初月の利用料金は日割りで、3GBはフルに貰えるので、月末近くの申し込みが得になります。

こんなUQモバイルですが、肝心の通信速度は速いです。

実際のスピードを8回実測しましたが、下りが、11.9~69.7Mbpsで、平均39Mbps。

全く同じ場所で、楽天モバイルと同時に計測したときには、UQモバイルが61.8Mbpsに対して楽天モバイルが10.3Mbpsと6倍の差がありました。

「UQモバイルは、とにかく早い」という声がネット上に多いようですが、それは実証されました。

最近は多くのMVNOが低速・高速切り替えアプリを用意していますが、低速モードで数回計測したところ、0.33~0.36Mbps。
楽天モバイルと同様、規定の200kbpsよりは速度が出ているようです。

ドコモ系とは違い、今後も加入者がガンガン増えるとは考えにくく、当面は高速運用が可能であるように思われます。

容量は月間3GBで足りるものの、たまには動画見るので通信速度が早いに越したことはなく、しかもau端末を持っている、という私のようなケースであれば、UQモバイルをお勧めできます。

しばらくは、「Xperia Z3」とUQモバイルの組み合わせをメイン、楽天モバイルをサブで使ってみることにします。

なお、最近評判の良い「ASUSのZenFone 2 Laser SIMフリー」も購入しました。
海外に行く時は、これを持って行きます。

スマホも、着替える時代になってきたように思います。

|

« 下がった株価は割安なのか | Main | J-REIT指数の確認(1/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 下がった株価は割安なのか | Main | J-REIT指数の確認(1/22時点) »