« 日経平均▲919円(▲5.4%) | Main | NY市場の結果(2月10日) »

February 10, 2016

日経平均の下値目処

今日(2/10)の日経平均は372円続落し、15713円。

本日の安値15430円は、25日移動平均線からの乖離が▲10%。
先月一旦反発した1月20日の時は、▲11.7%。
同じ程度には下がってきました。

昨日もちょっと書きましたが、私の仮説は「市場はバズーカ第二弾の効果を全否定したがっている」です。

2014年10月の日経平均は、概ね14500円~15500円。
バズーカ第二弾の直前週は、大体15500円でした。
今日の安値15430円は、一応の目標達成で買い戻しが入ったとも理解可能です。

為替の方は、2014年10月は、105~110円。
バズーカ直後には、僅か数日で115円になりました。

現在の114円台は、バズーカ直前より少し高いものの、かなり近い線にはなっています。

株式市場が、どの程度円高を織り込んでいるのか、トヨタの例で試算してみます。
ちなみに、トヨタの営業利益は、1円で400億円の影響を受けるとされています。

年間平均の為替レートが1$=100円だった2013年度、トヨタの営業利益は2兆3000億円、EPSは575円。
これに対して株価は2014年初めに6400円まであり、PER11倍評価でした。

2014年度は、109円、2兆7500億円、EPS688円。
株価は2015年1Qに8700円位ですから、PER12.6倍と期待は上昇していました。

現在、2015年度見込みは、120円、2兆8000億円、EPS724円。
今日の終値は6127円。

単純に割ると、PER8.5倍になってしまいますが、投資家の頭の中はPERだけ下げているのではなく、円高での利益減を計算しているはずです。

現在のムードは、2014年よりも悪いでしょうから、仮にPER10倍想定だとすると、EPSは610円。
逆算すると、営業利益は2兆3600億円となり、今期見込みより4400億円少ない水準。

上記の1円=400億円を当てはめると、11円の円高を想定していることになるので、120円前提を109円まで修正していることになります。

現時点の114円より5円も保険をかけているのですから、流石にひとまずはということで、今日のトヨタ株は0.4%しか下がりませんでした。

先々のことは分かりませんが、目先は一旦反発しやすい局面になっていると判断(期待?)します。

|

« 日経平均▲919円(▲5.4%) | Main | NY市場の結果(2月10日) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日経平均▲919円(▲5.4%) | Main | NY市場の結果(2月10日) »