« J-REIT指数の確認(4/28時点) | Main | 米為替報告書の日本言及部分 »

April 30, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(4/26時点)

       (4月26日)  (4月19日) (増減)
カナダドル   11999    7308   +4691
スイスフラン  9265     9410  ▲145
ポンド    ▲48669   ▲55152  +6483
円       66498    71870  ▲5372
ユーロ    ▲39667  ▲46917  +7250
NZドル    7384    5351    +2033
豪ドル    59540    44106  +15434

増減はプラス側から見て5勝2敗と、依然としてドル安勢力が優勢です。

ドルインデックスです。

現在の値は93.02。
Dxyw20160429

NY株が急落した昨年8月の92.5に迫るようなドル安水準ですので、そろそろドル安も第四コーナーを回ったのではないかと言う気もしています。

ドル安を材料としたコモディティ相場には、一部に急ぎすぎ感も見られます。

ドル円は、日銀の追加緩和なしをトリガーに、今年のメインシナリオである円高基調に復帰しました。

Dy20160429856

木曜日の午前中が111円80銭台で、終わりは106円30銭台と、5円50銭もの円高で終了。
これだけならスピード違反ですが、そもそも110~115円ゾーンに反発したこと自体が「ノイズ」であり、今月中旬は108円台だから実質2円の円高、と見るなら良くあることです。

ドル円の週足です。

Dyuio123

これを見ると、1月末のマイナス金利発表時と、今回のブルームバーグ騒ぎの2回が大きな騙しとなっており、その反動もあって、前回は122円→112円と、2週間で10円も急落しました。

これを当てはめるなら、1週間後には102円も有りということになりますが、仮にこのままの速度で100~105円ゾーンに入ると、前回よりも下方乖離幅が大きすぎるので、一旦は自然な反発が起こりそうに思います。

但し、中長期的な相場観としては、いわゆるバズーカ2の否定が相場のテーマであり、100~105円ゾーンは当然のターゲット。
80円を100円にしたのは良いが、120円はやり過ぎだろうという見方は、市場と米政策当局双方に共有されている認識だと思われます。

105円までは、我慢しろ。
100円以下なら動いても止む無し。
100~105円は状況次第、という辺りが、アメリカのみならず世界から見た普通の為替感覚でしょう。

日経平均は為替次第ですが、来週の2営業日で800円ずつ下がって、15000円割れを意識する展開も想定されます。

さすがに一気の14000円台ともなれば、こちらもリバウンドが起こりやすい展開かと思いますが、中長期的には、為替100~105円ゾーンと、それに合わせた株価水準(14000~16000円)は妥当な範囲であり、ギャーギャー騒ぐような事態ではありません。

|

« J-REIT指数の確認(4/28時点) | Main | 米為替報告書の日本言及部分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(4/28時点) | Main | 米為替報告書の日本言及部分 »