« 5分で分かるフィリピンの歴史~驚きの許す文化~ | Main | J-REIT指数の確認(5/13時点) »

May 14, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(5/10時点)

      (5月10日) (5月3日) (増減)
カナダドル  25874   18943   +6931
スイスフラン  6917   6829    +88
ポンド    ▲34935  ▲40408  +5471
円      59047  61521    ▲2474  
ユーロ    ▲21872 ▲23619   +1747  
NZドル    9352    9200    +152
豪ドル   38158   52395    ▲14237

全般的には増減プラス(=ドル安)が優勢ですが、豪ドルのロングは大きく減少。
原油相場は堅調ですが、鉄鉱石や銅は下落しています。

ドルインデックスです。
Dxy051325
今月に入ってからの反発傾向が継続。

ゴールドマンサックスは、ドルが底打ちしたという見解を出しているようです。
(NY外為:ドルは底打ちとゴールドマン指摘

大統領選の絡みもあり、中長期的にはドル再下落の可能性もあると思いますが、短期的には下げすぎ局面にあったことは間違いないと思います。

ドル円については、少々不安定な動きが見られ、昨日アメリカの小売売上高統計が好調でドルが買われた局面でも、ドル円は下げました。

昨日はNY株価も下げていますので、いわゆるリスクオフのドル高・円高的な反応(調達通貨の買い戻し)になったのかどうか。

CMEの金利先物市場では、12月の金利が0.51%で取引されており、とてもとても年内2回利上げを織り込むような市場心理にはなっていません。

そもそも最近のドル円は、特段の材料無しに105~110円レンジを行ったり来たりの状態なので、材料よりもポジション動向が相場を動かしているのかもしれません。

ドル円の方向性を見極めるのは難しいように思われ、当面は今の105-110円レンジをフワフワと漂うのかもしれません。

|

« 5分で分かるフィリピンの歴史~驚きの許す文化~ | Main | J-REIT指数の確認(5/13時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5分で分かるフィリピンの歴史~驚きの許す文化~ | Main | J-REIT指数の確認(5/13時点) »