« May 2016 | Main | July 2016 »

June 29, 2016

日本株は高利回りがゾロゾロ

6/29の日経平均は15,566円(+243円)。
ドル円の102~103円と、ほぼ見合う水準まで戻しました。

以前ほどは円安による支援が期待できない現状を考えると、指数のアップサイドは徐々に厳しくなり、今後については、

・割高から割安へのシフト
・ソニーのような明快なテーマのある銘柄に乗る
・業績無関係のマザーズ等で暴れる

などの戦略が考えられますが、落ち着いて投資する場合には、やはりイールドを取りに行くのが基本となるかと思われますので、幾つか個別事例を確認しておきたいと思います。

①JAL(9201)

配当利回り3.4%。
ANAよりも値落ちが激しく、年初来で2割以上下落。

100株で年間1枚の優待券は、売って3000円、片道4万円区間で使えば2万円の価値。
これを加えた利回りは、4.3%~9.4%。

②三井物産(8031)

配当利回り4.1%。

あれだけ資源で懲りたのに、今週も豪州沖油田に800億円をつぎ込むと決定。
口では非資源強化と言いつつも、俺たち以上に資源の目利きが出来る奴はいない、という自負を感じます。
プロの間でも、不得意なことやるよりも得意なところを思う存分やってくれ、という声も出始めました。

ともかく資源価格次第。
今が底なのかどうかの相場観が前提となります。

Continue reading "日本株は高利回りがゾロゾロ"

| | Comments (0)

June 28, 2016

6月28日、日経平均+13円は悪くはない

昨日の欧米市場も安かったので、日経平均は一時15000円割れ。
そこからの15323円は、かなりの健闘と言えそうです。

時価総額の大きいところで見ると、相変わらず銀行株と自動車が足を引っ張っているものの、通信やJTなどが堅調。

為替(ドル円)は102円固定相場化しており、援軍にはならないものの、邪魔はしないのだから、内需系のバーゲンハンティングには問題ない、との意識が広がっています。

Continue reading "6月28日、日経平均+13円は悪くはない"

| | Comments (0)

June 27, 2016

冷静になった東京市場

激動のブラック・フライデイから、2日間の冷却期間をおいた東京マーケット。

為替(ドル円)は、102円を挟んで50銭前後の値動きとなり、日経平均は+357円。
さすがに1300円近いマイナスは下げ過ぎ感があり、約4分の1戻して、15300円台となりました。

ドル円103円に見合う日経平均が15500円程度と言われていますから、今日の結果はそれと整合的であり、投資家は冷静な対応をしていると評価されます。

ただし、元気の無かったのは、欧州系銘柄と金融。

ヨーロッパでの売り上げの大きいマツダは、今日も10%の下げと、可哀想になるくらいの売られ方。

Continue reading "冷静になった東京市場"

| | Comments (0)

June 26, 2016

Brexitが現実となった日(2)

日経平均の週足です。

N22520160624587

昨日だけで▲1286円(7.92%)と、あまり記憶にない醜い下げ。

簡単な逆張り目処として、「25日移動平均線からの▲10%乖離」がありますが、ザラ場安値14864円は9.3%安ですから、勇気がある人は試す水準だと思います。
奇しくも、2月12日の安値14866円とは、僅か2円違い。

J-REITの週足チャートです。

Reit2016062458

昨年8月、今年2月と同じような長い陰線が出現。
狼狽売りで、1800の節目も200日MAもサポートしませんでしたが、これでJ-REITの平均利回りは3.7%、利回りのレンジは2.7%~5.7%。
-0.2%の長期金利を足し合わせれば、伝統的なリスクプレミアムの4%に達した、との見方も可能です。

個別には、イオンリートが熊本店の損害復旧のために分配金の見通しを控えたため、10%下落。
これに関しては、「一過性のマイナス要因に過ぎず、設備更新は長期的にプラス(SMBC日興証券鳥井氏)」との評価も聞かれました。

Continue reading "Brexitが現実となった日(2)"

| | Comments (0)

June 25, 2016

Brexitが現実となった日(1)

『賢明なるイギリス人は、最終的にはEU残留を選ぶに違いない』

そうした見通し(期待?)で、今週の市場は反発していましたし、私もそう思っていました。

昨日6月24日は朝5時に起きて、5時半にはセントラル短資のセミナー画面にログイン。

安堵ムードの背中を押したのは、日本時間AM6時、英国の投票締切り直後に出た「YouGov」の調査結果で、52:48で残留派勝利の予想でした。

「YouGov」は、2014年スコットランド住民投票において、ほぼ正確な見通しを出した実績があり、午後10時のロンドンのディーリングルームでは、徹夜覚悟のスタッフから、あっさり残留じゃあ腕の見せ所もないね、との軽口さえ聞かれました。(←勝手な想像)

この安心気分を受け、これまで頭の重かったドル円相場も、日本時間朝8時頃には104円台から106円台まで上昇。

世界で最も早く結果を受けとめる東京株式市場では、早朝から出勤した関係者の間にホッとした空気が流れました。

8時半頃から、次々と開票結果が流れてきますが、予想通りの接戦。
離脱派優勢地域の票が先に開くという情報があり、時間の経過とともに残留派が追い付いて逆転するだろうとの見込みで、市場に慌てた様子は見られません。

皆がモニターとBBCを交互に見守る中、日経平均は、前日比95円高で寄りつきました。

開票開始後2時間が経っても、抜きつ抜かれつの展開。
離脱派は優勢地域で大きく勝ち、残留派の票は伸び悩みが次第に顕著となっていきます。

いつ予定の逆転があるのかと、次第にイライラが募る中、11時になっても票は拮抗。
「オイオイ、本当に大丈夫なのか、これ」

そして前場もあと20分で終わろうとする時間帯、離脱派のリードが10万票の大台に到達するや、みるみる間にリードが30万票となり、皆の顔色が変わります。

Continue reading "Brexitが現実となった日(1)"

| | Comments (0)

June 19, 2016

J-REIT指数の確認(6/17時点)

Reit2016061758
今週のJ-REIT指数は、1884→1819と、3.5%も下落。

売られた理由としては、英国国民投票を懸念したポジション縮小の流れの一環という理解になるんでしょうが、相場全体としては、そろそろリスクオフポジションの「収穫」に入っている時期でもあり、一番遅れて売られたような格好になっています。

債券と連動しやすいREITの性格からすれば、株安債券高局面で買われる可能性がゼロではないので、ここまで辛抱していたものの、結局は見切り売りになったので下げが大きかった、といった解釈になるでしょうか。

チャートが示すように、既にデッドクロスであり、1800の節目と200日移動平均線が支えているような状態かと思われます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(6/17時点)"

| | Comments (0)

June 18, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(6/14時点)

        (6月14日)  (6月7日) (増減)
カナダドル   18440     21537  ▲3097
スイスフラン   7130   ▲9645   +16775
ポンド     ▲36661  ▲66299  +29638
円       55690    42853   +12837
ユーロ   ▲56489   ▲67112   +10623
NZドル   ▲3818     8536   ▲12354
豪ドル   ▲6778   ▲15808   +9030

やや意外でしたが、ポンドとユーロはショート減少。
特にポンドは、建玉の4割以上が巻き戻されてしまい、先週の増加分がほとんど消えました。
市場は残留有利の方向に傾いているのか、それとも既に手仕舞いモード入りということなのでしょうか。

なお、円ロングは増加。
英国国民投票の行方に関わらず、円高方向へのトレンドは固い、とも読めます。

ドルインデックスです。

Dxy564
今週はFOMCがありましたが、事前予想では(当然)利上げなし。

今後の金利予想値は、今年の年末を0.625%(利上げ1回)とする人が前回の1人から6人に急増するなど、いわゆるハト派傾向が強く、ドルの上昇に繋がるような材料は見られませんでした。

FRBは雇用で利上げを決めるかのように報道されますが、現実には、株式市場が利上げに耐えられるかどうかで決めているので、金融緩和に依存し、Brexitに脅える今の状況では利上げ困難です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/14時点)"

| | Comments (0)

June 11, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(6/7時点)

       (6月7日)  (5月31日) (増減)
カナダドル  21537    26259  ▲4722
スイスフラン ▲9645    129   ▲9516
ポンド    ▲66299  ▲32851 ▲33448
円      42853   14837   +28016
ユーロ   ▲67112   ▲37654 ▲29458
NZドル   8536     5504   +3032
豪ドル   ▲15808  ▲4758   ▲11050

ポンドとユーロが3万枚規模でショートが増加し、円は大きくロングが増加。
イギリスがEU離脱を決めた場合に備えて、保険的に欧州通貨を売り、円を買う方向でのポジションシフトのように見えます。

2010年以降では、ポンドの売り越しMAXが77000枚くらいなので、既にそれに近い水準。
一方ユーロはMAX20万枚があるので、今の6万枚レベルはまだ序の口です。

ドルインデックスです。

Dxy201606102

週末に近付くに連れて、急にドル買いが増えた印象です。
ドルが強いというよりは、ユーロを避けている雰囲気でしょうか。

ユーロ/円は3年振りに一時120円割れとなり、欧州比率の高い日本の輸出銘柄には下方圧力が強くかかりそうです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/7時点)"

| | Comments (0)

コモディティ相場の確認(ビットコイン)

コモディティの3番目(最後)はビットコイン(BTC)です。

日本におけるBTCの扱いは、「モノ」から「通貨」へ向かっている途中であり、準通貨になりそう、くらいのところでしょうか。

今年5月25日に改正資金決済法が成立し、仮想通貨は「電子情報処理組織を用いて移転することができる財産的価値」と定義され、取引所による本人確認など一定の規制が導入されることとなりました。

規制されるということは存在を認められたと言うことであり、今後の認知度アップが期待されます。

税法上の取扱としては、現状はモノということで、譲渡益は金やゴルフ会員権と同様に譲渡所得となり、年間50万円の控除が適用されると思われますが、将来的にはFXと同じ雑所得となる可能性があるのかもしれません。

ビットコイン(BTC)の長期チャートです。
(といっても2010年以降)

Bitcoin201056

Continue reading "コモディティ相場の確認(ビットコイン)"

| | Comments (0)

June 08, 2016

コモディティ相場の確認(金)

ゴールドの長期チャートです。
Kinn45

1995年から2005年まで10年保有しても上昇率は10%に過ぎず、完全に金利負け。
投資運用商品としては、超マイナーな存在でした。

金への見方が一変したのはリーマンショック。

誰が「毒饅頭」を持っているか分からないから誰にも資金を貸したくないという恐怖が市場を支配し、気が付けば「誰の債務でもない金」の輝きが何とも眩しいということとなり、一気にスターダムへ。

多くのヘッジファンドが、金を戦略的商品と位置づけ、まるで後方の衛生兵がいきなり戦場の最前線へ送り出されるような事態となりました。

Continue reading "コモディティ相場の確認(金)"

| | Comments (0)

June 07, 2016

コモディティ相場の確認(原油)

先週はOPEC総会がありましたが、予想通り何も決まらずで終わり、相場への影響は限定的。
WTI先物は49$近辺で推移しています。

原油需給を決定的に変えたのは米シェールオイルですが、5月27日公表数字によると、稼働リグ数は316基。
2014年10月の1609基がピークで、前年同時期の646基と比べても半減しました。
グラフで見ると、その急減振りが明らかです。

Oilrig

逆に言うと、低効率の櫓(やぐら)はバンバン休止され、効率の良い生産拠点に集中されることでシェ-ルは生き残りを図っており、しぶとく生産を続けています。

次のグラフは、米国原油生産量の推移です。

Continue reading "コモディティ相場の確認(原油)"

| | Comments (0)

June 05, 2016

J-REIT指数の確認(6/3時点)

今週のJ-REIT指数は、1883→1904と、1%上昇して1900台に復帰しました。
しかしながら、週足チャートで見ると、4月下旬を頂点にピークアウトしています。

Reit050603458

日経平均との比較です。

N225reit0603547

大雑把に言うと、J-REITはマイナス金利という援軍もあって10%上昇、逆に日経平均は年初から10%下落です。

REITは株よりマシですが、超低金利という追い風を受けても、指数2000を目指すエネルギーには欠けるように見えます。

Continue reading "J-REIT指数の確認(6/3時点)"

| | Comments (0)

June 04, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(5/31時点)

      (5月31日)  (5月24日) (増減)
カナダドル  26259    20047   +6212
スイスフラン  129     3954   ▲3825
ポンド    ▲32851  ▲32835   ▲16
円      14837    22059   ▲7222 
ユーロ   ▲37654  ▲37895   +241
NZドル    5504    4576    +928
豪ドル    ▲4758    124    ▲4634

どの通貨も増減幅は小さくてマチマチなのは、ドル安→ドル高への揺り戻しも一旦終了という雰囲気なのでしょうか。
4月に史上最高レベルにあった円ロングポジションは、その8割方が消えています。

ドルインデックスです。

Dxy20160603254

5月以降、反発していたドルは急落。
原因は、言うまでもなく昨日の雇用統計です。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(5/31時点)"

| | Comments (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »