« June 2016 | Main | August 2016 »

July 30, 2016

グラウカスの伊藤忠レポートは妥当か

ショート戦略で有名なグラウカスが、伊藤忠に関するレポートを出し、「強い売り推奨」としました。
日本語版pdfが、ここから手に入ります。

グラウカスレポートのポイントは、3点あります。

①コロンビアのドラモンドJVの減損を意図的に隠蔽

これはコロンビアの炭鉱プロジェクトへの出資で、2011年当時、全体で75億ドル評価の20%、1979億円が投資されています。

2011年は、ここが資源価格のピークと見た海外勢が持ち分を売りに転じていたタイミングで、伊藤忠に限らず、多くの商社が痛い投資をした時期です。

石炭価格は、2011年が128$/トンでしたが、現在は57$。
円に直すと、10240円→5985円と、4割安。

この価格下落をもって、すぐに減損すべきと断定することは出来ませんが、グラウカスは、伊藤忠が2015/3期決算において1500億円あまりの減損を逃れるために、この投資を「関連会社投資」から「その他の投資」に意図的に振り替えたと主張しています。

これに対し伊藤忠は、ジョイントベンチャー契約の見直しが14年度に行われ、行使する影響力が少なくなったための区分変更と反論していますが、会計処理のためにわざと影響力を減少させたのでは、という疑問には応えていません。

なお、翌期2016/3期単体決算において、伊藤忠は本コロンビアプロジェクトに関して465 億円の減損を計上しています。(連結ではBS処理)
目立たない方法により、少な目の減損を出すことで監査法人と妥協した、といったところでしょう。

Continue reading "グラウカスの伊藤忠レポートは妥当か"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(7/26時点)

      (7月26日) (7月19日) (増減)
カナダドル  23180   22068   +1112
スイスフラン 946     4687   ▲3741
ポンド   ▲80572  ▲74386  ▲6186
円     34958    39353   ▲4395
ユーロ  ▲112600  ▲99891  ▲12709
NZドル   215     2173   ▲1958
豪ドル   31510    33431  ▲1921

カナダドル以外は、増減マイナスが並びました。
ポジションの方向性はドル高ということになります。

ドルインデックスです。

Dxy0726564

週前半はドル高方向でしたが、途中でムードが変わり、ドル安に転じています。

水曜日のFOMCが、市場が予想するほどタカ派的で無かったこと、また 昨日夜に発表された米第2四半期のGDP速報値が、年率で+1.2%と市場予想の+2.5%を下回ったことも、金利低下→ドル安へと誘っているようです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/26時点)"

| | Comments (0)

July 29, 2016

今週の日本株(7/29時点)

日経平均は週間で、16627円→16569円と、▲58円。
小動きでした。

為替は、106円20銭→103円30銭。
かなり円高に動いた割に株は大きく下がらなかったということになります。

本日金曜日、日銀はETFの買い入れ額を年6兆円に倍増する追加緩和を決定しましたが、為替に働きかけることは出来ず、株だけ反応したと考えれば、まあそういうことかという感じです。

物価2%に拘るのであれば、円安に出来ない緩和策に意味は無いのですが、これだけ期待を煽ったら何かやらないわけにも行かず、とりあえずお茶を濁した結果となりました。

もはや日銀の策は出し尽くし。
ヘリマネは法的な限界や金融政策としての副作用も大きすぎ、喜ぶのはヘッジファンドだけ。

一部では日銀への期待で大騒ぎしていたようですが、どうせ大したことが出来るはずは無いと、特段のポジション調整もせず、放置してました。

Continue reading "今週の日本株(7/29時点)"

| | Comments (0)

July 23, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(7/19時点)

      (7月19日) (7月12日) (増減)
カナダドル  22068    17175  +4893
スイスフラン 4687     6718  ▲2031
ポンド   ▲74386   ▲60067 ▲14319
円      39353    47545  ▲8192
ユーロ  ▲99891   ▲87660  ▲12231
NZドル  2173     1011    +1162
豪ドル  33431     16216   +17215

先週と同じような傾向となっており、欧州通貨は売る、円ロングは巻き戻し、オセアニア通貨にはやや強気、の姿勢です。

ドルインデックスです。
Dxy072254

200日MAの上か下かは、ヘッジファンドが非常に気にするところですが、上に出て来たので、しばらくはドル押し目買いということになりそうです。

背景としては、FRBの利上げ可能性上昇と、株高でリスクオンということだと思いますが、そもそもドル高と株高は共存しにくいので、更にこの傾向が続くかどうかは注意が必要になるかと思われます。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/19時点)"

| | Comments (0)

July 22, 2016

今週の日本株(7/22時点)

今週の日経平均は+130円、率にして+0.8%。

20兆円とも言われる財政出動、日銀の追加緩和、そして任天堂一極集中と、政策期待とポケモノミクス頼みの相場ですが、木曜の時点で25日MAより6%ほど上方乖離していたこともあって金曜は売られ、週間では大した上昇になっていません。

任天堂周辺の盛り上がりと反対に、ライバルのゲーム関連銘柄は売られており、物色は偏っています。

売買代金全体の3割が任天堂1社、という相場は異常であり、通常は、上位10社で3割でも過熱と表現されます。

また、黒田日銀総裁が「ヘリマネはない」と語ったBBCの録音放送にビビッって、ドル円が一時2円ほど円高に振れるという、いかにも期待先行相場らしい脆弱さも見せています。

日本株もドル円も、下げトレンドの中での短い反発と割り切った方が良さそうに感じられます。

ドル円は、75日MAがキレイに上値を抑えています。
Dy4563


Continue reading "今週の日本株(7/22時点)"

| | Comments (0)

July 21, 2016

10分でわかるイギリスの歴史②(名誉革命以降)

1689年の名誉革命は、議会が中心となって、フランスの影響が強いジェームズ2世を追い出し、その娘メアリ2世と、その婿であるウィリアム3世を擁立したクーデターです。

ウィリアム3世はオランダ生まれのプロテスタントであり、フランスとも敵対していましたから、ウィリアム3世の方から積極的に申し入れたとする説もあります。

カトリックの王に懲りたため、今後の王位は、スチュアート家の血を引くプロテスタントということになりました。

ウィリアム3世の死後、王位はメアリ2世の妹のアンが女王になります。

女王アンの治世に、イングランドはヨーロッパでのスペイン継承戦争(1701年~)と北米植民地での戦争(1702年~)に勝ち、ジブラルタルや北アメリカのハドソン湾等の領土の他、アフリカから新大陸スペイン領へ奴隷を送る権益も手にし、海外での大きな基盤を手にしました。

Continue reading "10分でわかるイギリスの歴史②(名誉革命以降)"

| | Comments (0)

July 19, 2016

ソフトバンクが買収したARM社の割高度

買収金額は243億ポンド。
ソフトバンクの資料では、1ポンド=136.38円で換算してあるので、少し前から相当額のポンドを買っていたという巷の噂どおりなんでしょう。
日本円では、3.3兆円。

スプリントが、216億ドル(当時のレートで1.8兆円)ですから、倍近い投資額になります。

ARMは自分で生産設備を持たない上、有利子負債もないので、原価償却費も支払利息も無く、P/Lはシンプル。

Continue reading "ソフトバンクが買収したARM社の割高度"

| | Comments (0)

July 18, 2016

10分でわかるイギリスの歴史①(名誉革命まで)

ブリテン島には、紀元前700年ごろからケルト人が住みついていたとされます。
ケルト人は鉄器を使っていましたので、戦車や馬車を作り、中央アジアの草原からヨーロッパに侵攻してきました。

このケルト人の島に、本格的にローマ帝国が攻め入ったのは、第四代皇帝クラウディウス帝の時(紀元43年)です。

以降、ブリテン島主要部はローマの属州となりますが、次第に北部のスコット族からの攻撃に悩まされ、紀元2世紀、第14代皇帝ハドリアヌスは長城を築きました。

140835677715646303225この長城は17世紀まで軍事的に使用され、現在のイングランドとスコットランドの境界の基礎となりました。

次の第15代皇帝アントニヌスも、更に北方に長城を建設しましたが、4世紀、イタリア半島にゲルマン人が進入してくると、ローマ帝国は東西に分裂。
辺境の地に軍勢を置いておく余裕はなくなり、5世紀には正式にブリタニアを放棄しました。

Continue reading "10分でわかるイギリスの歴史①(名誉革命まで)"

| | Comments (0)

July 16, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(7/12時点)

      (7月12日)  (7月5日) (増減)
カナダドル 17175    11517   +5658
スイスフラン  6718   8678   ▲1960
ポンド   ▲60067  ▲49031  ▲11036
円     47545     63568  ▲16023
ユーロ  ▲87660   ▲75327  ▲12333
NZドル  1011     ▲1403  +2414
豪ドル  16216     4903   +11313

ポンド、ユーロは、依然としてショートが増加していますが、円ロングは緩和(縮小)方向です。
オセアニア通貨もロング増加で、リスクオンの方向。
欧州通貨以外では、Brexitショックから抜け出す兆しが見えているということになりそうです。

ドルインデックスです。。
Dxy071652
Brexit以来、200日MA近辺で推移しており、強気と弱気が拮抗した状態と言えそうです。

但し、CME金利先物市場では、12月の金利予想が0.46%と、先週よりも0.05%高く、また利上げを予想する人も27%→44%に増えているので、好調な雇用統計と株価上昇もあって、利上げの織り込みは進んでいます。

この流れが、今週のドル円上昇に繋がったという後講釈は出来そうです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/12時点)"

| | Comments (0)

July 15, 2016

今週の日本株(7/15時点)

今週の日経平均は、毎日3桁の上げで、5連騰。
15106→16497円と、1391円(9.2%)も上昇。
Brexitショックの下げを一気に取り戻し、6月23日との比較で、260円もお釣りが来る状況になりました。

ドル円は105円80銭台。(19時現在)
こちらも、6/23の106円に近い線まで戻しました。

大きな流れとしては、参院選での改憲派勝利によって大胆な経済政策が打ち出されるのではないか、特にヘリマネ的な緩和策が出るかもしれないということで、期待する人は円売り、心配する人も円売りと、両方が円安を後押しした状況があるかと思います。

加えて、降ってわいたようなポケモノミクスで任天堂が大相場、LINEのIPO好発進といった個別の好材料が共鳴し、更には米国株新高値という援軍まで登場したことで、思わぬ円安株高に発展したということかと思われます。

書き並べてみると、先週には予想出来なかった材料が、よくもまあこれだけ揃ったものだという感じです。

Continue reading "今週の日本株(7/15時点)"

| | Comments (2)

July 14, 2016

105円以上の円安は想定外

今書いている時点で、ドル円は105円80銭。
ここまで急な円安は想定しておらず、明日も続くなら、日本株の長期保有分を少しずつ売っていく対応になろうかと思います。

現在、ダウ先物は150$高。
こちらも新高値を付けた勢いが継続しそうになっています。

米国株は、まだまだ保有量が多いので、様子を見つつ、とにかく出来るだけ引っ張って売る、という戦略しか思い浮かびません。

Continue reading "105円以上の円安は想定外"

| | Comments (0)

July 13, 2016

日経平均+135円(7/13)

日経平均は、135円上がって16231円で終了。
この3日間の上昇率は、4.0%→2.5%→0.8%と、低減です。

ドル円は早朝に、104円90銭まであったようですが、大引けの午後3時現在では104円30銭台。

ドル円は5円刻みで動くことが多いので、現在を100~105円ゾーンとするなら、ひとまずレンジ内での精一杯の反発を見せました、ということかと理解されます。

今日の日経平均は、高いところ16444円(+349円)まであったものの、大引けでは16231円(+135円)と、上昇幅の6割を消失。

選挙のご祝儀とか、ポケモノミクスとか、ヘリマネ期待とか、色々言われていますが、要するにBrexitショックの下げを取り返そうとしたミニリバウンド相場ですから、6月23日の16238円の近似値で終わるのも当然。
保有している短期分は、今日で売り切りました。

結果的には、104円なら16200円までの戻りだろうという週初の見通しどおりでした。

但し、予想とは違う材料が生まれているのは、LINEのIPOへの評価です。

Continue reading "日経平均+135円(7/13)"

| | Comments (0)

July 12, 2016

日経平均は386円続伸し、16095円(7/12)

ドル円が104~105円なら株価16200円もありだろうと昨日書きましたが、これは大外れ。
今日の前場、為替が102円台で日経平均16237円が実現しました。

JPモルガンの回帰分析によれば、103円=15500円らしいので、16200円は、かなり株高が先行しているものと評価されます。

尤も、為替が103円台に乗せた後場に株価は利食いに押されて16100円割れとなり、株価の先行はやや調整されて終わりました。

ドル円と日経平均の散布図です。(データは2013年以降、週次)

N22569854

Continue reading "日経平均は386円続伸し、16095円(7/12)"

| | Comments (0)

July 11, 2016

選挙明けは日経平均+602円(+3.98%)

アノマリーとしては、参院選直後に2%以上の株高が発生したことは無いらしいですが、今回は改憲勢力が3分の2となる政治的安定を歓迎。(?)

株式市場は大幅高で応えましたが、前場引け時点では、N225が+536円に対してドル円は100円70銭と、ほぼ変わらず。

このままだと為替に合わせて株が売られる展開も心配されましたが、12時過ぎから為替が株価上昇に合わせてスルスルと円安へ。

Usdjpy0711256

結局、先週私が「反発の必要条件」と記した102円に合わせてきました。

Continue reading "選挙明けは日経平均+602円(+3.98%)"

| | Comments (0)

July 09, 2016

J-REIT指数の確認(7/8時点)

今週のJ-REIT指数は、1850→1823と1.5%の下げ。

Reit07085

あまり多くを期待出来ないだろうという、先週の見通しどおりとなりました。

なお、ディフェンシブ気分からか、大型のビル系が弱く、住宅と商業系は比較的堅調という傾向があり、これも指数の伸びを抑える要因になったと思われます。

勢いが失速したのは日経平均も同様で、今週のN225は、15682→15107と、3.7%も下落。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/8時点)"

| | Comments (0)

シカゴ筋ポジションの確認(7/5時点)

       (7月5日) (6月28日)  (増減)
カナダドル 11517   7949   +3568
スイスフラン 8678  10867   ▲2189
ポンド   ▲49031 ▲42711  ▲6320
円     63568   59750   +3818
ユーロ  ▲75327  ▲61934 ▲13393
NZドル ▲1403   ▲2826   +1423
豪ドル  4903    ▲1952   +6855

Brexitが懸念されるポンド、ユーロの両欧州通貨は売り増加。
まだ金利があるオセアニア通貨は買いが増加。
円は、円高傾向が続くとの見通しか、買いが増加です。

ドルインデックスです。

Dxy07085

依然として200日MAを超えず、ドル安トレンド維持。
ドル安なら株を買える、ということで、DOWは上昇。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/5時点)"

| | Comments (0)

July 08, 2016

欧州系金融機関のチャート確認

①ドイツ銀行

IMFレポートで一番危険とされたドイツ銀行。
しかも、ソロスが売ったというラベリングまでされました。

Db569

いや、これは手を出しにくい形。
半年で約半分。

一体何が危ないのか。
要するに、「保有資産を過大に評価していること。リスク管理および管理体制に欠陥があること。その結果、ドイツ銀行の提出した自己資本計画は信頼性に限界がある」ということになっているようです。

②イタリア、モンテパスキバンク

イタリアのNO3バンク。
不良債権が多いことは以前からの常識という気はしますが、相場のムードが悪くなると、弱いところが標的となります。

Montep452

これは酷い形状。
半年間の下落率は7割強と、ドイツ銀行を上回っています。

Continue reading "欧州系金融機関のチャート確認"

| | Comments (0)

July 04, 2016

日経平均6連騰

商いは薄いものの、Brexitショックからのリバウンドが継続中です。

今の日本株は、個別に見ると面白い銘柄が目白押しといった気がして、2014年10月以降、最も興味深い局面という気がします。

これは、為替が適正水準に戻り、これ以上の円高をそれほど懸念しなくて良くなったという環境変化が大きいように思われます。
厚化粧が落ちて、人物本位の面接がしやすくなったということです。

日経平均業種別です。

N2254785

Continue reading "日経平均6連騰"

| | Comments (0)

July 02, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(6/28時点)

      (6月28日)  (6月21日) (増減)
カナダドル  7949     2595   +5354
スイスフラン 10867    6381   +4486
ポンド    ▲42711  ▲51947  +9236
円      59750    52296   +7454
ユーロ  ▲61934   ▲61346  ▲588
NZドル ▲2826    ▲3045   +219
豪ドル ▲1952     ▲7043  +5091

Brexitが決まった6月24日を挟んで、一体どれだけポジションが動いたのか興味深いところですが、意外なほど小動きです。
ポンドのショートポジションは減っていますし、ユーロのショート増加も僅か。

為替市場の激動と、どう整合するのか良く分かりませんが、ユーロ以外は増減がプラスであり、全体としてはドル売り方向にシフトということになります。

ドルインデックスです。

Dxy201607015

ポンドとユーロが売られたことで、一時200日MAに下からタッチしたものの、依然としてドル安トレンドが継続しているようです。

ちなみに、ドルインデックスに占めるユーロとポンドの割合は、それぞれ57.6%、11.9%です。

今後、ポンドは更に売られるという見方が優勢ではあるものの、利上げが遠のいたドルは今後も弱い展開が続くという見通しが支配的であるということになりそうです。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/28時点)"

| | Comments (0)

July 01, 2016

J-REIT指数の確認(7/1時点)

Reit020160701今週のJ-REIT指数は、1732→1850と、6.8%も上昇。
Brexitショックの前日6/23の終値が1819ですから、既に上回っています。

Brexitと直接の関係が無いのに下げすぎたため、市場の落ち着きに伴って戻った、というだけかと思います。

なお、日経平均は、6/24の下落1286円の内、今日時点で+730円と、下げ幅の57%を取り戻しましたが、欧米各国に比べて名目上のリバウンドは弱くなっています。

ただし、ドル建て時価総額という観点で見ると、6/23比較の概算ですが、イギリス▲12%、ドイツ▲10%、日本▲1%。
これなら納得かと思います。

Continue reading "J-REIT指数の確認(7/1時点)"

| | Comments (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »