« 選挙明けは日経平均+602円(+3.98%) | Main | 日経平均+135円(7/13) »

July 12, 2016

日経平均は386円続伸し、16095円(7/12)

ドル円が104~105円なら株価16200円もありだろうと昨日書きましたが、これは大外れ。
今日の前場、為替が102円台で日経平均16237円が実現しました。

JPモルガンの回帰分析によれば、103円=15500円らしいので、16200円は、かなり株高が先行しているものと評価されます。

尤も、為替が103円台に乗せた後場に株価は利食いに押されて16100円割れとなり、株価の先行はやや調整されて終わりました。

ドル円と日経平均の散布図です。(データは2013年以降、週次)

N22569854

今日の引け時点の103.1円=16095円は、集団から少し離れた位置にありますが、大きく外れている訳ではありません。

いずれにせよ、構造的な円高要因に変化は無いので、一旦はご祝儀相場も終わる可能性も感じられ、更にポジションは軽くしました。

そもそも震源地となった英国で、予想よりも早く次期首相が決まり、不透明要因の一つが解消されたこともあるのか、ポンドは少し反発気味です。

新女性首相は、「離脱は決定、但し交渉はゆっくり」との方針。

中長期的には更なるポンド安を見込む声が多いものの、これから何年にも渡っての材料ですから、一旦ポンドが下げ止まるなら、とりわけ売り込まれていた英国金融株の見直しが期待されるところです。

|

« 選挙明けは日経平均+602円(+3.98%) | Main | 日経平均+135円(7/13) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 選挙明けは日経平均+602円(+3.98%) | Main | 日経平均+135円(7/13) »