« J-REIT指数の確認(8/26時点) | Main | J-REIT指数の確認(9/2時点) »

September 03, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(8/30時点)

       (8月30日)  (8月23日) (増減)
カナダドル  22400    16734   +5666
スイスフラン 8208     1885    +6323
ポンド    ▲92485   ▲94978  +2493
円      63661     60316   +3344
ユーロ   ▲81925   ▲76658  ▲5267
NZドル   1893     ▲878   +2771
豪ドル   42566     42757  ▲191

雇用統計の結果が良ければ、一気に9月利上げ確率が高まるだろうという局面でしたが、増減はプラス(ドル安方向)が多く、利上げへの警戒心はあまり感じられないように見えます。

その雇用統計。
注目された8月の非農業部門雇用増加数は、15.1万人。

早期利上げ判断の目処とされた19万人は下回ったものの、7月は2万人上方修正されており、3ヶ月平均では、24万人。

9月の利上げ可能とも解釈できそうな数値ですが、株式市場は上昇で反応しました。

ドルインデックスです。

Dxy0902564

このグラフからは分かりにくいですが、雇用統計発表後のドルの反応は、直後は売り→次第に買いでプラス、なので、「9月の利上げ見送りでドル安と一瞬思ったけど、基本的に金利を上げていく方向に変化は無いのだからドルは買い」ということでしょうか。

債券市場は売りで反応し、長期金利は1.57%→1.60%と、金利上昇。

しかしながら、原油も金も上昇。

CMEの金利先物市場では、9月利上げ確率が、前日の24%→21%に低下。
12月は大きな変化無し。

FRBは、あの手この手で早期の利上げを織り込ませようとしていますが、十分な効果を発揮しているとは言えないような状況です。

まとめると、金利は上がってドルが上昇したものの、株もコモディティも負けずに買われ、誰も大きく傷つかないような結果となりました。

株式市場が、利上げ延期と判断して買われたのか、利上げしても大丈夫と思ったのか。
そこは判然としません。

ドル円も、やや円安方向に動いて104円ちょうど近辺で終了し、日経平均先物は上昇。
週明けの東京株式市場も、落ち着いた展開が予想されます。

そもそも雇用統計の数字は振れやすく、大きな傾向としてみれば、雇用堅調で金利の正常化を阻害する要素はない、ということになります。

従って、年内1回の利上げは確実で、2回は無理だろう、という大きなシナリオには変更無し。

これで当面は安心、なのかどうか良く分かりませんが、VIX指数も下がっており、米国投資家はリラックスして三連休を迎えられる、という気持ちのようです。

個人的な理解としては、「NFPが19万人以上なら確実に(=100%)9月利上げ」とFRBは発信していたと思うので、今でも5割くらいは9月利上げの可能性が残っていると思いますが、市場の反応はずっと楽観的です。

まあ、自分だけ過剰に心配しても投資は出来ないので、資産バランスに留意しつつ、今のポジションはキープしようと思います。

|

« J-REIT指数の確認(8/26時点) | Main | J-REIT指数の確認(9/2時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« J-REIT指数の確認(8/26時点) | Main | J-REIT指数の確認(9/2時点) »