« シカゴ筋ポジションの確認(9/13時点) | Main | JR九州がIPO »

September 19, 2016

J-REIT指数の確認(9/16時点)

Reit091854
先週のJ-REIT指数は、1821→1813と、やや下落。
チャート形状は良くありません。

1800という数字的な節目が支えているらしくは見えますが、移動平均線に頭を抑えられており、ショックがあれば、思わぬ下値模索もありそうな局面です。

投資ブログでも、「J-REIT減らしました」が散見され、上昇を期待する投資家は少なくなっているようです。

需給的には、外国人投資家が4ヶ月連続の売り越し、運用難の地銀がポロポロと安値を拾っています。

それでもまあ、マイナス金利の効果が一応はあるのか、J-REIT指数は年初来で+3%ほど。

不動産デベ銘柄は、年初来でマイナス2割~3割が当たり前の状態ですから、それに比べればずっとマシですが、これも金利安が効いたと言うよりは、債券運用が出来なくなったことで、仕方なく一部のイールドハンティングマネーが廻ってきたという程度の話に感じられます。

マイナス金利で先行した北欧の例を見ると、銀行が駄目で不動産は上がる、という反応が大原則だと思いますが、日本の場合は両方ダメ。

下図は、MUFG(青)と三菱地所(赤)ですが、どちらも日経平均(緑)を下回っています。

98065632

金利が大きく動いたのに、貸す方も借りる方も悪化するというのは普通は考えにくい反応で、市場の声は、どっちにも良くないのだから早く止めろ、ということなんでしょう。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(9/13時点) | Main | JR九州がIPO »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(9/13時点) | Main | JR九州がIPO »