« トランプはニクソンの後継者 | Main | 財政赤字でドルは強くなるのか »

November 19, 2016

シカゴ筋ポジションの確認(11/15時点)

先週金曜日、ドル円が106円80銭の段階で、せいぜいあと1~2円程度の上昇余地しかないだろうと新規のポジションは作らなかったのですが、相変わらずの見込み違い。
ドル円は111円目前まで買われ、日経平均は600円近く上昇しました。

11月9日には101円の瞬間があったので、そこから見れば8営業日で10円上昇という驚きの結果となっています。

IMMポジションです。

       (11月15日)  (11月8日) (増減)
カナダドル  ▲18599  ▲21312  +2713
スイスフラン ▲22194  ▲23291  +1097
ポンド     ▲80313   ▲89845  +9532
円        20676    31956  ▲11280
ユーロ    ▲119182  ▲129314 +10132
NZドル     2043     2505   ▲462
豪ドル     41518    41108    +410

ドル高方向にシフトしているのは、円とNZドルだけ。
短期筋も、この火柱的なドル高相場に上手く乗れていないのかもしれません。

ドルインデックスは節目の100を超えて、まだ上昇。
これも意外でした。

Dxy201611154

Fedwatchでの12月利上げ確率は95.4%。
もはや、利上げしないことがリスクとなっています。

米長期金利です。

Beikinnrihj7

ガンドラックは、2.35%の水準が強い抵抗線となっており、これを上抜ければ住宅ローン金利を通じて実体経済に影響を及ぼすだろうと語っていましたが、あっという間にその水準に到達しました。

ここで止まるかどうか分からず、トランプが何も発言しないことがトランプラリーを過熱させています。

なお、金利上昇は本来株価にマイナスですから、DOWはさすがに警戒。

Dow116547

中身を見ても、金融や軍事関連は上がっていますが、小売りや生活消費関連が下がっていて、景気刺激を単純に織り込むという風でもありません。

日本株は、ドル高の恩恵を受けやすいからアメリカ株より有利という見方も出来ますが、下図はドル建て日経平均です。

N225dorudateg

トランプ当選による瞬間上下動の後、それ以前の水準にまで戻っていません。

海外勢から見ると、株価上昇よりも円の下落が大きく、為替ヘッジ無しでは儲からない相場、日本勢から見ると、トランプ前よりも円安依存症の相場となっています。

ドル円相場の月足です。

Dysounatuki78

これまで、きれいに円安相場の道を後戻りしていた円高相場が反転。
既に今年の円高分の半値戻しを達成し、全値戻しの120円が視野に入ったとさえ言えそうです。

尤も、現実には何も始まっておらず、米新政権への憶測で走っているだけ、という声もあります。

ドル高牽制が入れば一気に崩れるかもしれない、いやいやこれだけの金利上昇は大きな転換点を示唆している。多くの人が相場の解釈に悩んでいます。

アメリカの歴史上一番起こりそうもないことが起こったのだから相場だって何でもあり、と言う意味では、ドル円100円への急落も120円への急騰もあり、という何の役にも立たないスタンスでいようかと思います。

なお、ガンドラックと同じように、これ以上の長期金利上昇は悪い金利上昇と懸念する人が増えてきたように思われます。

世界で最も安全なはずの米国債からの逃避は、危機の前兆という理解もあります。

|

« トランプはニクソンの後継者 | Main | 財政赤字でドルは強くなるのか »

Comments

 今のトランプさん大絶賛な論調には唖然としてしまいます。選挙中のトランプさんはお芝居だったのでしょうか。

 金利などは相互に影響しあって循環するものですから 今は勝手に良い事だけを強調している感じに思います。

 私などは 長期ポジ以外は 急落時にたくさん買って 次の日にはみんな売ってしまいました。

Posted by: お芝居 | November 19, 2016 at 05:40 PM

選挙中のトランプは、全てが誇張ですね。彼はテレビ慣れしてますから。
今の市場は、思ったほど悪くは無いかもという反応ですが、ドル高も金利上昇も良いサインとは限らないので、今後に要注意かと思います。

Posted by: akazukin | November 19, 2016 at 07:19 PM

横から失礼いたします。

「今後に要注意」という言葉選びにしびれます。しびれて動けなくなっている自分と、同じような境遇の方々がたくさんいると思います。円の価値は今後どうなるのかが、短期と長期で引き裂かれて自信が持てず、皆が立ち尽くしている光景が眼前にあります。

ドル円110円については、個人は嫌がっているのではないでしょうか。「99円より下ならヤル気出るのに~!クソ~!ついていけてないよ~」が、大半なのではないかというのが肌感覚です。ただ、そういった感覚は近視眼的で危険なのではないかと感じます。短気すぎると。

わからない時は、ただ立ち尽くすのもよいと良いと思ってしまっています。ただ立っているのも楽ではないので読書をしようと本に手を伸ばしたのですが、住友銀行秘史は全然わかりませんでした。製造業従事者には、世界観の差、あまりのわからなさがショックでした。

Posted by: ちよ | November 20, 2016 at 12:56 AM

ちよさん。こんにちは。

今の火柱相場には、プロを含めて多くの人が追いつけていないので、参加できていないことに全く問題は無いかと思います。

今後の為替予想は難しすぎますが、今の興奮状態は余りに憶測先行なので、そう遠くないうちに落ち着くようには思います。

慌てて出口に向かうような今のドル高株高は、乱世からの避難というか、より安全なところへの逃げ込み的な行動と理解する方が適切であるように、この週末の間に気分が変化しています。

住友銀行秘史は、あの時代に金融不動産ビジネスに関わっていた人間だけに共有されるダークな部分が中心にあり、わからないことは、ある意味健全ですので、お気にされる必要は無いかと思います。

Posted by: akazukin | November 20, 2016 at 01:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« トランプはニクソンの後継者 | Main | 財政赤字でドルは強くなるのか »