« シカゴ筋ポジションの確認(1/31時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/7時点) »

February 08, 2017

再上昇するビットコイン

年初から乱高下して世間を騒がせたビットコイン。
多少の反省があったのか、最近は「じわじわ上昇」相場が続いています。

2月1日以降の日々データは、
970$→991→1010→1015→1018→1025→1050。

1日の値幅がコントロールされている人民元を見習うかのように、1日20$程度に制限された(?)上昇を心がけるようになりました。

急落の半値戻しは950$近辺ですが、既にそのラインは越えて戻しており、気がつけば1140$奪還も視野に入っているように見えてきました。

Bicgh5

個人的には、ビットコインのチャイナリスクは非常に大きく、依然として警戒すべきと思っていますが、今の値動きを見ると、「それでも人民元から逃げ出したい」という中国人の強い心理が窺えます。

2047年まで一国二制度が保証されたはずの香港は、全く安全ではありません。

中国批判書を販売した書店経営者の拉致にとどまらず、先月27日、香港在住の中国人富豪「肖建華氏」が香港のホテルから中国公安に連れ去られたというニュースが香港人を戦慄させています。

肖建華氏は習近平の資産運用にも協力していた人物と言われるため、反習近平派の巻き返しかという憶測もあり、権力闘争激化の可能性も報じられています。

驚くべき事に、現在中国では「胡錦濤」という単語が検索不可となるほど、今後の人事を巡る習近平と胡錦濤の緊張関係が高まっているとも伝えられています。

また中国の外貨準備資産が1月末で3兆ドルを割れ、昨年の介入額は推計で47兆円と報道されました。

逆に言えば、50兆円近い人民元売り需要があった訳で、その一部がビットコインに流れただけで、時価総額2兆円に満たないビットコインに大きなインパクトを与えたことは容易に想像されます。

今後、人民元が上がるか下がるかは分かりませんが、ずっと抱いておきたい愛される通貨になることはほとんど考えられず、その分だけビットコインの需要増は不変なのか、と思うようにもなってきました。

再度急落したときは、投資チャンスかもしれません。
と皆が思うようになると、なかなか下がらないものですので、この再上昇相場がどこまで継続するのかが注目されます。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(1/31時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/7時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(1/31時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(2/7時点) »