« シカゴ筋ポジションの確認(2/28時点) | Main

March 19, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(3/14時点)

       (3月14日)  (3月7日) (増減)
カナダドル  21458     29220  ▲7762
スイスフラン ▲8997   ▲10016  +1019
ポンド    ▲107117  ▲81437  ▲25680
円      ▲71297   ▲54700  ▲16597
ユーロ    ▲41027  ▲59501  +18474
NZドル   ▲5605   ▲4425   ▲1180
豪ドル    43265    50978   ▲7713

15日のFOMCでの利上げは、事実上完全に織り込まれていましたから、さらなるドル買いに向かうにはよほどの材料が必要なはずで、ドルロングを増やすのは相当慎重にならざるを得ない。
と考えるのが普通だと思いますが、実際には円のショートが増えているので、FOMC後のドル上昇を見込んでいた人がいて、だからこそ現実売りのインパクトがそれなりにあった、ということでしょうか。

FOMC後、特に驚きは無く、ドルインデックスは急落。
Dxyh56lkj

ドル円は、14日の114円後半から2円落ちて、112円70銭程度で終了です。

ドル円を月足で見ると、日銀バブルが崩壊して100~105円という中立地帯に戻った後、たまたまのトランプバブルでリスクオンが復活。
しかしながらまた現実の世界に引き戻されて、かなり長期の移動平均線を下回ってきたステージにあろうかと思われます。

Dyyyhh5554

米国長期金利です。
Us10yjjjkn

一時2.6%を超えましたが、定位置(?)の2.5%近辺です。

Fedwatchでの12月末予想金利は、現状よりも0.47%高ですから、ほぼ2回利上げのコンセンサスで固まっています。

分布を見ると、2回以上利上げするだろう派が6割です。
Fedwall

DOWの週足です。
Dowkkj523

上がりきれなくなっていると思います。

ECBは緩和策からの出口を模索と報道されており、日銀も黒田総裁がレイムダック化。
米国を支えてきた日欧のゼロ金利マネーにも変化の兆しが感じられます。

アメリカが年内更に2回の利上げをすることが織り込まれる中、仮に長期金利が上がれば景気にマイナスですし、長期金利が上がらなければイールドカーブのフラット化で金融株が下落。

株式相場は、上昇中と言うよりは、延命していると考える方が正しい状況かと思います。

韓国大統領選は5月9日に決まりましたが、北朝鮮を強く牽制するアメリカと、北に近い文在寅の組み合わせでは、朝鮮半島はロクなことにはならない気がします。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(2/28時点) | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(2/28時点) | Main