« シカゴ筋ポジションの確認(5/16時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/30時点) »

May 28, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(5/23時点)

       (5月23日)  (5月16日) (増減)
カナダドル  ▲99109   ▲98000  ▲1109
スイスフラン ▲19785   ▲21162  +1377
ポンド     ▲23867  ▲32995  +9128
円       ▲51656  ▲60008  +8352
ユーロ    64845    37604    +27241
NZドル   ▲9217   ▲11954   +2737
豪ドル    2635     6344    ▲3709

欧州通貨が強く、資源通貨は弱いというポジション傾向は続いているようです。

但し、現実の為替市場で先週比を見ると、ユーロ/ドルが1.12→1.117、ポンド/ドルが1.30→1.28といずれも下がっており、トレードの難易度は上がっているようです。

ドルインデックスです。
Dxy052996
さすがに下げ渋っています。

米10年金利は2.25%。
10ukinnh45

かつてのサポートライン2.3%が上値を抑えているようにも見えます。

CMEの金利先物市場では、6月利上げがほぼ織り込まれていると言われていますが、年内2回利上げを予想するのは35%程度。
およそ3分の2の投資家は、年内に2回利上げをするのは難しいと見ているようです。

DOWのチャート。
Dow05296665

週間で+1.3%と堅調で、チャートだけ見ていると、まだ上に行きそうにも見えます。
債券市場は警戒のサインを出しているように思われますが、株式の方はまだ元気。
どちらかが間違っているのか、どちらも正しいのか、私には分かりません。

ドル円は、ドルインデックスがトランプ効果を全て吐き出した割には高止まり、昨年11月の105円に対して111円と、6円の円安水準。

最近の日経平均が米国株ほどには買われない理由は、この説明しにくい円安部分が剥げ落ちてしまうリスクを懸念しているのではないかと感じられます。

ビットコインは、2800$近くから2000$へと急降下。

「恐すぎる」「あまりにも信頼性がない」と思いがちですが、これは暴騰の反作用としての暴落で、相場では良くあること。

Btccgh45_3

長期的には、仮想通貨の認知度や信頼性が向上していくと考えるなら、目先の上下動は気にせずにHOLDで構わないかと思います。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(5/16時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/30時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(5/16時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(5/30時点) »