« シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点) »

July 15, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/11時点)

         (7月11日) (7月3日) (増減)
カナダドル   ▲8604   ▲39372  +30768
スイスフラン   208      ▲113  +321
ポンド     ▲24138   ▲27767  +3629
円       ▲112125  ▲75036 ▲37089
ユーロ     83788    77464   +6324
NZドル    31905    29133   +2772
豪ドル     36806    32414  +4392

円の売りポジションが大きく増加し、6桁となりました。
10年振りに「円キャリー」という楽観ワードが飛び交い、ドルは安く、更に円は安いという「安っぽい期待感」が増えています。

長期的に見た今の円ショートポジションは、矢印の辺りです。
Yenndddkio58
最盛期の2007年までは行っていませんが、それに近い警戒心の薄さです。

ドルインデックスです。
Dxyy45lk
トランプ相場が始まった97よりも更にドルは安く、2016年夏の水準まで来ました。

この時ドル円は100円近辺でしたから、今の112円という水準にはかなりの安心プレミアムが乗っていますが、それほど経済は強いのかどうか、意見は分かれます。

トランプ効果によって、景気浮揚→金利上昇→株高が期待されましたが、その期待が剥落すると、今度は、ドル安→株高という金融相場に逆戻りのようです。

なお、実際のドル円相場は、先週末の113円90銭→112円50銭と円高に振れました。

CMEの金利先物市場では、12月の金利が1.23%。
先週の1.26%よりも下がり、年内追加利上げ確率は41%と、先週の45%よりも低下。

今週のイエレン議長の議会発言は、米国のインフレ率が目標を下回り続けている状況では政策引き締めを急がないと解釈され、株式市場は好感。
DOWは最高値更新です。

Dowkk452

NASDAQも反発。
Nasdaqqhh4

米長期金利です。

Uskinrihhj45

先週の2.38%→2.33%と若干の低下。

とはいえ1年前は1.5%ですから、中長期的に今の相場を肯定的に見ようとすれば、米国景気の堅調さによって、1年前より金利も株も高く、従って円は昨年夏より1割ほど安い、という説明は出来るかもしれません。

暗号通貨に関しては、8月1日まで2週間あまりとなり、本格的な振るい落としが発生する気配が高まっています。

普段でも1日で2割、3割動くのですから、寝ている間に半値になるくらいは当然。
その程度で慌てないような、心とポジションの準備が必要な局面かと思われます。

|

« シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点) | Main | シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点) »