« June 2017 | Main

July 22, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点)

      (7月18日) (7月11日)(増減)
カナダドル  8043    ▲8601 +16644
スイスフラン ▲3667    208  ▲3875
ポンド   ▲16473   ▲24138 +7665
円     ▲126919 ▲112125 ▲14794
ユーロ    91321    83788 +7533
NZドル   35981    31905  +4076
豪ドル    51356   36806  +14550

ポジションを見ると、ドル安かつ円安期待が主流です。
個人的には、どこかでドルが反発するのではないかと思って見ていましたが、市場の焦点は、どこまでドル安が続くのか、に移ってきたように思われます。

ドルインデックスは94を割って93.97。

ドル安=ユーロ高ですが、ユーロ/ドルの長期チャートです。

Eutusddnn45
ざっくり言うと、1.40→1.05→1.16で、下げの3分の1戻し。

ECBドラギ総裁の巧みな話術とFRBの利上げ姿勢によってユーロは持続的に下げて来ましたが、これまで壁だった1.15を越えたユーロは更に上がっていくのでしょうか。

ちなみに、OECDが試算するユーロドルの購買力平価は1.3前後なので、理屈だけで言えばまだドルは高いとも言えます。

また、FRBが試算している貿易加重指数でも、相場が過熱する前の2004年水準よりドル高です。
Dreddollarn5

但し、既にユーロロングポジションの水準が、あの2007年に匹敵するほど高いのは、大いに気になります。
Eurusdddj4

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/18時点)"

| | Comments (0)

July 15, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/11時点)

         (7月11日) (7月3日) (増減)
カナダドル   ▲8604   ▲39372  +30768
スイスフラン   208      ▲113  +321
ポンド     ▲24138   ▲27767  +3629
円       ▲112125  ▲75036 ▲37089
ユーロ     83788    77464   +6324
NZドル    31905    29133   +2772
豪ドル     36806    32414  +4392

円の売りポジションが大きく増加し、6桁となりました。
10年振りに「円キャリー」という楽観ワードが飛び交い、ドルは安く、更に円は安いという「安っぽい期待感」が増えています。

長期的に見た今の円ショートポジションは、矢印の辺りです。
Yenndddkio58
最盛期の2007年までは行っていませんが、それに近い警戒心の薄さです。

ドルインデックスです。
Dxyy45lk
トランプ相場が始まった97よりも更にドルは安く、2016年夏の水準まで来ました。

この時ドル円は100円近辺でしたから、今の112円という水準にはかなりの安心プレミアムが乗っていますが、それほど経済は強いのかどうか、意見は分かれます。

トランプ効果によって、景気浮揚→金利上昇→株高が期待されましたが、その期待が剥落すると、今度は、ドル安→株高という金融相場に逆戻りのようです。

なお、実際のドル円相場は、先週末の113円90銭→112円50銭と円高に振れました。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/11時点)"

| | Comments (0)

July 09, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点)

         (7月3日)  (6月27日) (増減)
カナダドル   ▲39372   ▲49495  +10123
スイスフラン  ▲113    ▲4669   +4556
ポンド     ▲27767   ▲39133  +11366
円       ▲75036   ▲61350  ▲13686
ユーロ     77464    58695   +18769
NZドル    29133    25233   +3900
豪ドル     32414   19749    +12665

円だけが増減マイナス。最弱通貨となっています。

ドルインデックス(1年)。
Dxy070555
ドルが安い、円が更に安いというのは、楽観の円キャリー環境ですが、株高も最終局面と言われるほどの今になって現れるのはどうなのか、という感じです。

先月末に、ECBのドラギ総裁が強気になったと報道されてから、ドイツ長期金利は急騰中です。
Germmn10yyy4

さぞかしユーロ/ドルは上がったのかというと、先週の1.141→1.139と下げ。
絶好の利益確定チャンスだったのかもしれません。

6月の米雇用統計。
雇用者数は22万2000人増と久々の20万人越えでしたが、 失業率は4.4%と先月より0.1%悪化。

市場の関心は金利に直結する賃金上昇率にフォーカスしていますが、前年比2.5%増と、伸び率は前月を0.1ポイント上回りました。

数字は全体に悪くないのですが、雇用環境がピークに近いと思われる環境下、この程度の賃金上昇率で更なる金利上昇が正当化されるのかどうかを気にする人は気にする、と言うことかと思います。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(7/3時点)"

| | Comments (0)

July 01, 2017

シカゴ筋ポジションの確認(6/27時点)

        (6月27日) (6月20日) (増減)
カナダドル  ▲49495  ▲82881  +33386
スイスフラン  ▲4669  ▲2982   ▲1687
ポンド     ▲39133  ▲37604  ▲1529
円       ▲61350  ▲49959  ▲11391
ユーロ      58695   44852   +13843
NZドル     25233   21455   +3778
豪ドル     19749    15033   +4716

今週はユーロの上昇が目立ちました。
この1週間で、1.11台→1.14台へ。
逆に言えばドルが更に売られた訳で、ドルインデックスは、昨年大統領選直前11月7日の97.8さえ大きく割り込んで、95.6。

Dxyhh56

米10年金利は先週の2.14→2.30%と大きく上昇したものの、ドイツの長期金利も0.26%→0.47%へとジャンプし、金利差はユーロ有利の方向性にシフト。

私はドルの反発を期待してユーロ/ドルのショートポジションを取っていたので、あっという間にポジションクローズとなりました。

ECBもBOEもカナダも、FRBに続けと言わんばかりに反緩和的発言が続き、まるで「早く正常化を言わないと間に合わないぞ」と、日銀だけがいないところで申し合わせがされた(?)かのようにさえ感じられます。

結果的に、円が取り残されて独歩安ではないか、という気運がポジションに反映されているように見えます。

当然、クロス円の売りは好調。
ドル/円は弱いもの比べですが、先週の111円台→112円台と堅調に推移しました。
部分的には、円キャリートレード的なリスクオン相場のパターンではあります。

なお、ユーロと歩調を合わせたように、原油相場も反発しました。
Wtiiijk45
ユーロも原油も、ドル安の鏡ではあります。

Continue reading "シカゴ筋ポジションの確認(6/27時点)"

| | Comments (0)

« June 2017 | Main