« November 2017 | Main | January 2018 »

December 31, 2017

今年(2017年)の相場を振り返る

この数年間、いつ崩れてもおかしくはないと言われ続けている株式相場ですが、期待を裏切って(?)今年も好調を維持。

大きな構図としては、雇用のために金利上昇を抑制する金融政策が資産価格の高騰を容認している、ということになりそうです。

リーマンショック後、10%まで上昇したアメリカの失業率は4.1%にまで低下。
Usunemplo444

FFレートは、年初の0.75%から1.5%まで3回利上げされたものの、比較的穏やかなものであると投資家は評価し、今年の株式市場は軒並み上昇しました。

日経平均+19%、JASDAQ+43%、マザーズ+31%、
DOW+25%、S&P500+19%、NASDAQ+28%、
FTSE+7.6%、DAX+12.5%、
上海総合+6.8%、KOSPI+21.8%。

但し、いわゆるFANGなど特定のIT系銘柄への物色集中も見られ、我々の未来が特定の企業に支配されることを暗示しているのではないかとの懸念も感じられます。

欧州株の上昇幅が物足りない感じがするのは恐らく為替の影響で、ポンドもユーロも対ドルで1割程度上がっているので、ドルベースで見れば他市場と遜色ない結果になりそうです。

本来の株式投資は、今が良いかどうかではなく、半年から1年先が良いかどうかという先行性で判断するものと言われてきましたが、最近は足下の景気動向や企業業績ばかりが議論されているような気もします。

世界的な温泉気分は不動産に現れやすく、米国商業用不動産価格指数(グリーン・ストリート・アドバイザーズ)は、既にリーマンショック前の水準を大きく超えています。

Greenstreetindex1229

Continue reading "今年(2017年)の相場を振り返る"

| | Comments (0)

December 23, 2017

今週の相場(12/22時点)

欧米ではクリスマス休暇に入る投資家が増え、全般に動きが鈍くなっています。

政治の世界では、アメリカで減税法案が可決。
連邦法人税率が恒久的に35%から21%になったインパクトは大きく、通信大手AT&Tは全従業員に1000$のボーナスを決定、ウェルズファーゴなど2つの銀行が賃上げを発表しています。

減税→財政悪化→国債増発を織り込んで、米長期金利は上昇。
Usinte114
節目の2.5%に近づきました。

但し、ドルインデックスは反応薄。
Dxy122333
ドル円は112円後半から113円台前半へと50銭ほどの円安反応でしたが、ユーロドルは1週間前の1.17台から1.18台へと、むしろ上がっています。

IMMポジションです。

      (12月19日) (12月12日) (増減)
カナダドル   45901     41960  +3941
スイスフラン ▲17395    ▲28765 +11370
ポンド      20388    11388   +9000
円       ▲114373  ▲114123  ▲250
ユーロ     86224     113889  ▲27665
NZドル    ▲16619   ▲13428  ▲3191
豪ドル    ▲12660    40720   ▲53380

円とユーロは、クリスマス前のポジション調整でしょうか。
豪ドルは突然のマイ転ですが、実際の為替相場では豪ドルが上昇しており、ドル弱含みです。   

Continue reading "今週の相場(12/22時点)"

| | Comments (0)

December 16, 2017

今週の相場(12/15時点)

相変わらず株式市場は好調。
DOWは、また高値更新し、今週は1.3%上昇です。
Dow1216

日経平均は1.2%下落。
時節がら利益確定が進んでいることと、ドルが軟調で、為替がやや円高に進行したことが要因かもしれません。

年初来のDOWと日経平均。
N225dow1216
日本株は出遅れ感から、9月以降急速に差を詰めましたが、11月に追いつくと、その後は一進一退。
一日で860円も値幅が出た11月9日以来、23000円が壁になりました。

為替に関しては、ドルが強いのか弱いのか、依然曖昧です。

年初来のドルインデックス。
Dxy12166
年初が一番高く、9月に底を打ってからはボラが低下。
ドル円も112円を中心に、大きくは動きません。

FRBが粛々と利上げする以上、年末には確実に115円です、といった安易なプロたちの予想は外れそうです。

Continue reading "今週の相場(12/15時点)"

| | Comments (0)

December 03, 2017

今週の相場(12/1時点)~Be prepared~

ドルは強いのか、弱いのか。
ドルインデックスを見ると、11月以降は下げ傾向です。

Dxy120113

シカゴ筋ポジションです。

       (11月28日)  (11月21日) (増減)
カナダドル  45658     45125     +533
スイスフラン ▲30184   ▲29740   ▲444
ポンド     4573     ▲300    +4873
円      ▲110640   ▲122602  +11962
ユーロ    89681     95437   ▲5757
NZドル  ▲14022    ▲13394   ▲628
豪ドル    38882     39817   ▲935

増減はマチマチ。
特段の傾向は見えませんが、円ショートおよびユーロロングいずれも減少していることから見ると、一定の警戒感が窺えます。

米長期金利です。
Usintee10yy

米税制改正が進展すればポジティブ、ロシア疑惑など政権の不安定さに繋がる報道では売られるという短期的な揺れはありますが、結局は大して動きません。

長期金利が、将来の成長性やインフレ率を示唆しているという見方に立てば、この1年間、成長に対する見通しは大きく変わっていないにも関わらず、株は大きく上がっているということになります。

イギリスのオックスフォード大学は、100年債を2.5%という低金利で発行を決めました。
いわゆる債券バブルの発生が言われて久しいですが、株も債券も同時に上がる現象について、ゴールドマンも警鐘を鳴らし始めました。

ゴールドマンが市場評価に警告-19世紀末以来水準、痛みに変わる

彼らも、市場崩壊(?)の可能性に対する保険的ポジションを構築し始めたということかと思います。

なお、米税制改正案が上院を通過して下院との調整に入るとの前進がある一方で、フリン元前大統領補佐官が司法に「陥落」したとの報道もあり、この二つの綱引きは、来週も相場の不安定要素となりそうです。

Continue reading "今週の相場(12/1時点)~Be prepared~"

| | Comments (0)

« November 2017 | Main | January 2018 »