« 今週の相場(1/5時点) | Main | 今週の相場(1/19時点) »

January 14, 2018

今週の相場(1/12時点)

年明け第二週も、株式相場は絶好調。
DOWは、第一週の+577$に続き、今週も508$買われ、二週間で4.4%も上昇。

このペースなら、2月中にも3万ドルに到達。
市場の声は、「トランプ、万歳!」です。

日経平均は、第一週の+950円に対し、今週は▲60円。
日柄調整入りムードも感じられますが、背景にあるのは為替要因。


昨年末に112円70銭だったドル円は、111円04銭近辺と、2円近く円高方向へと動きました。
証券会社は、1円円高で約▲230円、などと言います。

ドルインデックス(1年)です。
Dxy01133
急落して90を割りそうです。

何がドル安を加速させているのでしょうか。

米長期金利。
10yusinte44
昨年末の2.43%に対して2.55%と上がっていますから、普通であればドルを買いたいところです。

日本の長期金利。
Jpkinri55

こちらも昨年末の0.05%→0.075%。
しかし、日米金利差は、昨年末の2.38%→2.475%と拡大していますので、日本の金利上昇よりも米国の金利上昇が勝っています。

詰まるところ、数字云々よりも、日銀が現在の緩和姿勢を少しでも変えるなら手を引く、と考えている人が多いということかと思われます。
従って、相場を大きく壊さない限り、日銀に出口はありません。

12日に発表されたアメリカのコア・インフレ率は0.3%上昇し、前年同月比では1.8%上昇と、11月の1.7%から伸びが拡大。

半年ベースで見たコア・インフレ率(年率換算)は、2.2%で、6月時点での0.9%を大きく上回り、3か月ベースでコア・インフレ率は既に2.5%。
長期金利上昇とは整合しています。

かつての債券王ビル・グロス氏は、債券の弱気相場入り(金利上昇)を宣言。
Usinte221

テクニカル的に見ると、米長期金利が2.6%を明確に超えると、長期での金利上昇局面入りの可能性が高い、という見方になりそうです。

ただしファンダメンタルから考えて、アメリカの長期金利が今後もグイグイ上がっていくような状態であるのかというと疑問が残ります。
個人的には、金利上昇観測を背景に高利回りETFが大きく下げるなら、少し買ってみたいところです。

米10年債のポジションを見ると、既にネットでショートポジションに転じているので、金利上昇でパニック的な売りは出にくい状況かと思われます。
Usbond10y444

そもそも、金利上昇局面でドルが売られること自体は珍しくありません。

次図は、FRBのドルインデックスとFFレート。
Kinridorukk52

高金利は通貨が買われる要因ですが、インフレ通貨は購買力の減少によって、いずれは売られる運命でもあり、相場が何に相関するかは、その時々で変わります。

特にドルは、リスク資産の相場が堅調であると、調達通貨としての役割が増大し、ドルを売って何かを買って儲ける、という売り需要が前面に出てきます。

IMMポジションです。

        (1月9日)  (1月2日) (増減)
カナダドル  17461     14739  +2722
スイスフラン ▲21922   ▲16232 ▲5690
ポンド     25492    16235   +9257
円       ▲125536  ▲121766 ▲3770
ユーロ    144691    127868  +16823
NZドル   ▲11017    ▲16985 +5968
豪ドル     5458     ▲20026 +25484

円とスイスフラン以外は増減プラス。
ドル安方向でプレイしたいという心理かと思われます。

ユーロポジション長期です。(2000年以降)

Eurrpo44

現在のユーロロングポジションは、リーマンショック直前の2007年を上回り、歴史的な水準。

ブラジルのスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン(現在はNFLトム・ブレイディの妻)が、報酬をユーロで要求したのは2007~2008年。
その後の金融危機でユーロは暴落しました。

これを見る限り、為替相場でのドル安心理はピークに近いとも解されますので、警戒が必要かと思われます。

ついでに、円の長期ポジション。

Yenn45
こちらも歴史的な高水準に達しているので、円高局面では断続的にロスカットが発生しているのではないかと推測されます。

株式のチャートは崩れる気配が無いので、自分の持ち株は持続しますが、為替の方はけっこうテンパってる感じも受けます。

|

« 今週の相場(1/5時点) | Main | 今週の相場(1/19時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(1/5時点) | Main | 今週の相場(1/19時点) »