« December 2017 | Main | February 2018 »

January 27, 2018

今週の相場(1/26時点)

アメリカの株価はどこまで上がるんでしょうか。

今週のDOWは545$(2.1%)上昇し、NASDAQも初の7500超え。
今週だけで25%上がったネットフリックス(NFLX)は、PER220倍と表示されています。

米長期金利。
先週とほぼ同じ2.66%ですが、上抜けしそうな勢いに見えます。

Us10y012777

どこまで金利が上がったら株が慎重さを見せるのでしょうか。

一方、今週の日経平均は▲176円(▲0.7%)。
ドル円が大企業製造業の想定レート110.18円(12月日銀短観)を切ってくると、さすがに為替を意識せざるを得なくなったものと思われます。

ドル円相場は先週の110円80銭から2円ほど円高。
米政治家発言で上下にドタバタした印象ですが、ドルインデックスを見ると、それはノイズ(?)。

一貫して下げるドル指数は先週の90台から89へと下降、下向きトレンドが加速しているような印象さえあります。

Dxy102777

ドルが下げれば商品が上がるのは当然すぎる、ということで、CRB指数は節目の200超え。
Crb201027
数年来の壁を突破したように見えます。

Continue reading "今週の相場(1/26時点)"

| | Comments (0)

January 21, 2018

今週の相場(1/19時点)

米国株は依然として陶酔状態。
S&P500とNASDAQは最高値を更新し、DOWも年初から3週連続の陽線です。

日経平均は、先週▲60円と一休みしましたが、今週は+155円。
第一週の+950円と合わせ、今年になってからの上昇は、1044円(+4.6%)です。

最も気になるのが、米長期金利の動向。
先週の2.54%から2.66%まで上昇しました。  

新債券王ガンドラックは、「米10年債利回りが2.63%を超えれば、金利上昇が加速し、株式市場は慎重になる」とのご託宣です。
Us10ylll4

この金利上昇に反応しないのが為替市場。
ドルインデックスは先週の90.97→90.67と下降し、この1年では10%下がっています。

ユーロの最大の買い材料は、いわゆる出口戦略によって金利が正常化していくとの観測のようですが、それにしても目先の米金利上昇への感応度がこれほど低いことに、多くの人が戸惑っている様子が伝わってきます。

Continue reading "今週の相場(1/19時点)"

| | Comments (0)

January 14, 2018

今週の相場(1/12時点)

年明け第二週も、株式相場は絶好調。
DOWは、第一週の+577$に続き、今週も508$買われ、二週間で4.4%も上昇。

このペースなら、2月中にも3万ドルに到達。
市場の声は、「トランプ、万歳!」です。

日経平均は、第一週の+950円に対し、今週は▲60円。
日柄調整入りムードも感じられますが、背景にあるのは為替要因。


昨年末に112円70銭だったドル円は、111円04銭近辺と、2円近く円高方向へと動きました。
証券会社は、1円円高で約▲230円、などと言います。

ドルインデックス(1年)です。
Dxy01133
急落して90を割りそうです。

何がドル安を加速させているのでしょうか。

Continue reading "今週の相場(1/12時点)"

| | Comments (0)

January 06, 2018

今週の相場(1/5時点)

2018年の株式市場は、好調過ぎるくらいのスタートを切りました。

日経平均は2日で950円も上昇。
昨年壁だった23000円を軽く超えてバブル後の半値戻しを達成、更なる長期上昇への可能性を示しました。

N225201885

NYもスタートダッシュ。
DOWは、新年から4連騰して25000$を突破。
3万ドルへのスタートだと、大統領自らが叫んでいます。

2万ドルを超えてから僅か1年足らずで25%アップ。
この間のS&P500とNASDAQは、それぞれ+20%、+28%です。

もはや株価は、GDPの伸びとは無関係に、グングン成長していく指標となりました。

NASDAQの長期チャートです。

Nasdaq20188

仮に、ITバブルの頂点で買っていたとしても、今や40%の利益。
世界の終わりかと思えたリーマンショックによる下落も、絶好の買い場にしか見えません。

昨日発表された12月の米雇用統計は、雇用者数が14万8000人増加、失業率は4.1%で横ばい、賃金は前年比2.5%増と11月の2.4%増を上回る結果。
FRBの利上げスタンスを大きく変えるような内容とは思えません。

これを受けて、米長期金利は2.45%→2.47%に上昇。

CMEの金利先物市場では、今年12月が1.94%で取引されており、利上げは2回分と少な目の織り込みです。

現在、米2年金利は1.96%と10年金利と0.51%しか差が無いので、FRBの利上げに応じて長期金利が上昇してくれないと、イールドカーブフラット化の危険性が高まっていくことになります。

3月にも予想される今年1回目の利上げに対して、米長期金利がどういった反応を示すかは重要と思われます。

Continue reading "今週の相場(1/5時点)"

| | Comments (0)

January 05, 2018

ダウ平均2万ドル突破以降の構成銘柄騰落率(メモ)

1 ボーイング         77.3
2 キャタピラー        62.4
3 ウォルマート・ストアーズ  48.8
4 マクドナルド        42.6
5 アップル          42.0
6 ユナイテッドヘルス・グループ      39.2
7 ホーム・デポ         38.6
8 ビザ            38.4
9 マイクロソフト       36.8
10 スリーエム(3M)     35.1
11 アメリカン・エキスプレス  31.2
12 シスコシステムズ      27.0
13 JPモルガン・チェース   26.7
14 ジョンソン・エンド・ジョンソン     24.6
15 ダウ・デュポン       23.7
16 ナイキ           17.8
17 ファイザー         17.6
18 ユナイテッド・テクノロジーズ      17.6
19 インテル          17.5
20 トラベラーズ        12.5
21 コカ・コーラ          9.4
22 シェブロン          9.3
23 ゴールドマン・サックス    8.3
24 ベライゾン・コミュニケーションズ      5.7
25 プロクター・アンド・ギャンブル     4.6
26 ウォルト・ディズニー     3.9
27 エクソンモービル       1.7
28 メルク           ▲6.6
29 IBM           ▲9.3
30 ゼネラル・エレクトリック ▲39.0

ダウ工業株30種平均       24.9
(注)17年1月25日から18年1月4日までの騰落率。▲は下落

| | Comments (0)

« December 2017 | Main | February 2018 »