« March 2018 | Main

April 15, 2018

今週の相場(4/13時点)

DOWのチャートです。
今週は+1.8%。

Dow0414
50日線で抵抗にあいました。

米国経済は堅調ですから200日線は維持、しかしFRBの利上げは続くので上値は重たい、という印象です。

日経平均は、+1%。
割高感はないものの、積極的に買う材料には乏しい状態です。

米10年金利。
Us10yin0414
先週の2.77→2.82%と上昇。

米中貿易戦争よりもシリア情勢を巡る米露対決に関心がシフトし、結果的に僅かながらリスクオンに振れたようなムード。
実際の攻撃は限定的で、このままであれば市場への影響も限定的かと思われます。

CMEの金利先物市場では12月が2.13%。
先週の2.06%よりは上に動きました。

中東情勢を巡る緊張感から原油価格が上昇したため、物価も上がるという連想があったかもしれません。

WTIです。
Wti04133

Continue reading "今週の相場(4/13時点)"

| | Comments (0)

April 08, 2018

今週の相場(4/6時点)

先週時点でのDOWは、そろそろ安定飛行かとも見えましたが予想は外れ、依然としてシートベルト着用サインが消えません。

週間では、0.7%安ですが、上下動が非常に大きくなっており、500$も上がったり下がったりするタービュランスの中にいます。

このようなシーソー相場では、毎朝結果を見るだけで、ポジションを動かす勇気はありません。

NASDAQは2.1%安。
NASDAQの方が下げ率が大きくなっているのは、値保ちの良かったものも売りたくなっているという心理と思われます。
センチメントは更に悪化したという見方と、そろそろでは、という見方に分かれそうです。

チャートはS&P500。
200日線はキープしています。
Sp50004066

日経平均は+0.5%と、まあ横ばい。
こちらも200日線を何とか維持している状態です。

米長期金利は先週の2.74%より少しだけ上昇して2.77%ですが、この1ヶ月間ほどのトレンドは右肩下がりの様子です。
Usin10y04055

CMEの金利先物市場では、12月が2.06%と、先週の2.1%よりも弱気に傾きました。

Continue reading "今週の相場(4/6時点)"

| | Comments (0)

April 01, 2018

今週の相場(3/30時点)

今週のDOWは+570$(+2.4%)、NASDAQが+71ポイント(+1.0%)。
いわゆるFANG銘柄中心に、一時はIT系への売りが目立ったものの、29日に反発して、インデックスは堅調でした。

但し、アマゾンは週間で▲3.3%と、戻りきれなかった印象です。
下げの中心にいたfacebookも、高値からは2割下がったものの、どうにか下げ止まって今週は+0.2%でした。

S&P500のチャートです。
Sp50003300

高値から1割調整→反発→二番底→揉み合い、といった様相となっており、ボチボチ落ち着きを見せそうなところにも見えます。

日経平均は、週間で688円(3.3%)上昇。
200日線を回復して、どうにか格好が付きました。

売られ過ぎの反動もあったのか、米国株の反発に乗り、辛うじて年度末のお化粧が出来たという印象です。
N22503311

米10年金利は、今にも3%突破かという危機から遠ざかり、2.74%まで低下。
Us10ykinri0330

そもそもは、金利上昇による適温相場の終焉という懸念から株価調整が始まっているので、「長期金利の乱」が一服しているのは株式市場への朗報です。

その一方、2年金利の2.27%と10年金利の差が0.47%まで詰まり、イールドカーブのフラット化への懸念が再燃しています。

CMEの金利先物市場では、今年12月が2.1%で取引されています。
年内にあと2回利上げされて、2年金利がFFレートに連動して0.5%上がると、10年金利を超えてしまいます。

Continue reading "今週の相場(3/30時点)"

| | Comments (0)

« March 2018 | Main