« 今週の相場(5/18時点) | Main | 今週の相場(6/1時点) »

May 25, 2018

今週の相場(5/25時点)

明日から不在となるので、日本時間25日(金)夕方の時点で書いています。

今週の日経平均は2.1%安。
この間ドル円は、1円ほど円高になっています。

DOWは24日までの時点で僅かにプラスですが、トランプ政権が自動車の関税強化を検討しているというニュースが日本株には一番ネガティブに働いたかもしれません。
トヨタは週間で6%安と、大きく売られました。

木曜日夜には、米朝会談中止とのニュースが流れましたが、これは「案の定」という受け止め方が多かったのではないかと思われます。

トランプとしては、中間選挙への得点稼ぎとして半島ネタに取り組んでいるのですから、北朝鮮に悪態をつかれても急がなければならない理由は無く、正しい判断かと思います。

北の誘い水に対して、子供のようにナイーブに対応した韓国の文大統領はアメリカからの信頼を大きく損ない、米韓関係は氷のように冷え切ったことと思います。

中国としては、韓国主導の半島和平などトンデモナイことでしょうし、本音は現状維持。

韓国はピエロ、中国は狸、トランプは狐、日本は黒子でいて正解だった、といった感じでしょうか。

S&P500のチャートです。

Sp50005255

米景気は、いつピークアウトしてもおかしくないので、最後にもう一花咲かせて欲しいと願うものの、思うには任せない、といったように見えます。

FRBとしては、イエレン時代に利上げが遅れたので、株高が続く今の内に出来るだけ利上げしておきたいはずですが、30年固定住宅ローン金利は既に4%台後半まで上昇してきており、米経済がどこまでの金利高に耐えられるのか、内心は薄氷を踏む思いなのではないかと想像します。

現在投票権を持っていない米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米国の金利はすでに「中立」的な水準に達した可能性があると、まるで外野から助け船を出そうとしているような発言をしています。

3%を超えた米長期金利も今は2.96%。
72$だったWTIも現時点で69$台に低下。
そうは簡単にトレンドを見せないよ、という様子です。

ドルインデックスはじわじわ上昇。
Dxy052555

出稼ぎしていたドルがホームへ戻ろうとしていますから、これはリスクオフの動きですが、そうした状況で原油がまだ上がるとすれば、危険な兆候かと思います。

1月の高値に向けて夢よもう一度と願っても、簡単には行かないムードが漂いますので、今週はかなりポジションを落としました。

|

« 今週の相場(5/18時点) | Main | 今週の相場(6/1時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(5/18時点) | Main | 今週の相場(6/1時点) »