« 今週の相場(6/8時点) | Main | 今週の相場(6/22時点) »

June 17, 2018

今週の相場(6/15時点)

週間でDOWは1%安、NASDAQは+1.3%、日経平均は+0.7%でした。

マーケット的には織り込み済みの米朝会談、激化する可能性のある米中貿易戦争、継続するFRBの利上げという環境下、買えるのはIT銘柄という駆け込み寺的な相場付きに感じられます。

ECBの出口発言で小休止だったドルインデックスは、再び上昇。
Dxy06166

おかげでドル円は、109円50銭→110円60銭と円安が進み、日経平均を支えました。

ビットコインが当面の最安ラインである70万近辺で低迷していることを見ても、全体にリスクオフ気分でマネーが米国回帰の様相となり、金利や為替に左右されにくいと考えられている一部銘柄が指数を牽引しているような風景かと思われます。

FOMCの結果は予想よりもタカ派的であったと報道されていますが、米国長期金利は3%は超えていません。
Usinte06166

CMEの金利先物市場では、12月が2.18%と、先週の2.16%より0.02%上昇。

年内あと2回利上げ予想は、先週の35%から51%に増えました。
Frbb06166

こうした金利上昇ムードを背景に、米2年債金利は先週の2.49%→2.54%と上昇したものの、10年債金利は2.94→2.92%と低下。

10年金利マイナス2年金利は38bspと、最近の目安だった50bspを大きく下回り、将来に対してネガティブな方向性を示しています。

長短金利差のトレンドです。
Yg06166

新興国通貨に関しては、トルコリラが利上げ効果もむなしく下げトレンドから脱出できず。
Truen2226

ランド円も微妙な感じです。
Ranndoenn06166

IMMポジションです。

           (6月12日)   (6月5日) (増減)
カナダドル     ▲14988    ▲16039  +1051
スイスフラン    ▲37245    ▲39216  +1971
ポンド        10969     7345    +3624
円          5052     ▲3437   +8489
ユーロ        88225     89236  ▲1011
NZドル       7006      4383   +2623
豪ドル       ▲15235    ▲20208 +4973

増減欄はプラスが優勢で、ドル高一服です。
円はネットプラスに転じていて、心理的にはネガティブかと思われます。

長期的レンジで見れば、株式上昇相場の終盤には違いないと思いますが、いつ大きな変化が訪れるのかは誰にも分かりません。

チョコチョコ小さな売買を繰り返しながら、観察を続けるしかないと思います。

|

« 今週の相場(6/8時点) | Main | 今週の相場(6/22時点) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今週の相場(6/8時点) | Main | 今週の相場(6/22時点) »